FXは待てば勝てるようになる?勝てない理由は待てないことにあった

FXは待てば勝てるようになる?勝てない理由は待てないことにあった

 

FXにおける重要な事柄は様々ありますが、その中でも今回紹介する「待つ」ことはとても重要な内容になります。

 

9割の人が負けるという世界の中で、多くのトレーダーは自分のエントリーポイントまで待つ事や、含み益を伸ばすことが出来ずに「待つ」ということが出来ない為、利益を上げることが出来ないといっても過言ではありません。

 

普通の仕事でいえば「待つ」ということは仕事をしないことと同じですが、FXでは「待つ」ことこそが仕事の一環です。

 

待つ事の重要性と、待つことが出来るようになる為の方法をご紹介します。

 

FXは待てないと勝てない

 

FX取引において「待つ」という行為が欠落していると勝てるものも勝てません。

 

というのも、待つということが出来る=自分の根拠をしっかり持っていると言える為、自分のポイントを把握できていないトレーダーに勝ちはありません。

 

待てない典型例として「ポジポジ病」が挙げられます。

 

参考記事:FX 誰もが陥るポジポジ病とは?発症する原因と克服方法は?

 

このようなトレーダーが勝てないことは初心者の方でも分かると思います。

 

つまりトレーダーは待つ事こそが「仕事」なのです。サラリーマンをしていると仕事をせずに待っていると上司に怒られてしまいますが、FXにおいてこの法則は適用されません。

 

とは言っても、待てないという気持ちも非常によくわかります。(実は私もそうでした・・・)

その為、待つ事の重要性を理解して、やってはいけない行動を把握しておきましょう。

 

待つ事の重要性

 

待つ事で得られるリターンは計り知れません。

 

・待つ事で損小利大トレードが出来る

・待つ事でエントリーの精度が増す

 

上記のようなリターンが待つ事で得られます。つまりトレードは待つ事によって「パフォーマンスの向上」が期待できるようになります。

 

他の分野では考えられません。待つ(先延ばし)ことで得られるリターンよりもデメリットの方が目立ちます。

 

得られるリターンを深掘りすると

 

・取引したいが納得できるまで分析出来ていないから取引しない

・含み益が利益目標に達していないから決済しない

 

これも待つ事で今後のリターンに繋がる大切な考え方です。

 

つまりトレードで待てないという事はそれだけで自分の資金がリスクに晒される危険が増大してしまうという事なのです。

 

待てるか待てないかだけで今後の損益に大きく関わる分岐点ですのでしっかりと理解しておきましょう。

 

チャンスが来るまでは取引しない

 

自分の分析に自信が持てる取引のみに注視して、狙ったチャンスが来るまではひたすら待ちましょう。

 

そしてなるべく価格を狙ったレートまで引き付けます。もちろん待ちすぎてチャンスを逃してしまうこともありますが、エントリーしない=資金をリスクに晒す回数が減ったと喜びましょう。

 

これはチーターに例えられますが、出来るだけ獲物を近づけて自分の体力は残しつつ、最短距離で獲物捕まえる。もし途中で勘づかれて逃げられてしまった場合は「自分は動いていないのだから体力温存(資金)出来た」と考えられれば良い

 

チャンスを逃がしても追わない

 

チャンスを待っているものの、なかなか思うようにレートが近づかなかった場合や、エントリーが遅れてしまった場合でも焦って追わないようにしましょう。

 

チャンスとはそのレートでエントリーが出来るからチャンスなのです。そのレートよりも離れたところでエントリーしてしまうと損切幅が短くなったり、利益目標の距離までが遠くなり、トレードのパフォーマンスが低下してしまいます。

 

またチャンスを見逃すという事は自分のシナリオ通りの値動きではなかったはずですので、チャンスを掴むだけの準備が出来ていなかったと反省しましょう。

 

なぜそのチャンスを掴むことが出来なかったのか?どうしたらエントリーできたのか?という点を次に活かすために分析するのです。

 

勝てるポイントは意外と少ない

 

取引で勝てるポイントは限られています。

 

取引スタイルにもよりますが、デイトレードで1日5回が限度でしょう。

 

勝てるポイントに絞ってエントリーをしていくととても資金効率が良く、低リスクながらリターンを期待できるでしょう。

 

プロの中にはスイングトレードでありながら、損切幅10pipsでも取引が出来るような猛者もいます。ポイントを絞ってエントリーするだけでトレードのパフォーマンスが変わることは言うまでもないでしょう。

 

待てないなら時間軸を伸ばす

 

ここまで説明しましたが「自分はやっぱり待てそうにない・・・」という方は”見る時間軸を伸ばす”ことでも改善できます。

 

FX取引は時間軸が短ければ短いほど値動きのスピードが速く感じられ、相場のノイズ(価格変動)に惑わされてしまう。

 

そのようなことが起きない為に取引する時間軸を長くするのも一つの作戦です、

 

取引する時間軸が長くなれば値動きのスピードはゆっくりに感じられ、ノイズにも惑わされることは無いでしょう。

 

「デイトレードだから・・」と言って、4時間足レベルで取引してはいけないルールなんてありませんから!

 

まとめ

 

トレーダーの仕事は「待つ」ということが理解できたでしょうか?

 

待つ事によりリスクを小さくできるだけでなく、リターンが増大するため損小利大にすることができます。

 

トレードは野生のチーターに似ています。

自分の体力(資金)は温存しておいて、獲物(レート)が近づいたときに一瞬で狩りをしてしまいましょう

逃げられた場合でも「なぜ逃げられてのだろう?体力(資金)温存出来たからまぁいいだろう」というマインドを持ちましょう。

 

いかに自分のエントリーポイントまで待てるか?それが今後の損益に大きく関わってきます。