FX 各市場の取引時間が丸わかり!各市場の特徴を覚えて取引に役立てよう

FX 取引時間が丸わかり!各市場の特徴を覚えて取引に役立てよう

 

FXの最大のメリットは何だと思いますか?

 

・ハイレバレッジを掛けられるので、低資金で始められる

・約定率が高い

・損失を自分で調整できる

 

回答は様々あるでしょう。

 

その中でも一番のメリットは「24時間取引できる」ことです。

 

24時間取引できるため、平日は忙しく、株式市場に参加することが難しいサラリーマンの方でも、FXであれば夜家に帰ってからでも取引可能なので、FXを始めたという方も多いでしょう。

 

それでは、なぜ24時間取引が出来るのでしょうか?

 

FXは世界中で行われている取引で、市場が複数存在しているからです。そのため日本でも上記のような方が大多数を占めている為、深夜にトレードする方も多いです。

 

日本の市場のみでしか取引できないのであれば、24時間取引することはできません。そのため、日本で深夜にトレードする為には、時差のある他の国の市場に参加する必要があります。

 

そのため、リスク管理の面からも各市場の特徴を知っておく必要があります

 

今回は、FXの各市場による特徴をご紹介しますので、今後のトレードに役立てください。

 

各市場の開いている時間

 

 

FXには複数の市場があるということは上記で説明しました。市場はそれぞれの時間帯で分かれています。

 

代表的な3つの市場があり、東京・ロンドン・ニューヨークです。

 

時間帯はこのように分かれています。

 

東京市場・・・9時~17時

ロンドン市場・・・16時~25時

ニューヨーク市場・・・22時~翌日7時

 

時期によって多少前後しますが基本は上記の時間です。

 

オセアニア地域・米国・欧州などではサマータイムを導入しているため、時期によって時間が変わります。また、北半球と南半球では季節が逆になる為早くなる市場もあれば遅くなる市場もあります。

 

各市場の特徴

 

時間帯により市場が異なり、規模も参加者ももちろん変わってきますので、市場ごとにボラが高い通貨ペア・値動きも変わってきますのでしっかり抑えておきましょう。

 

東京時間

 

日本やシンガポールのトレーダー達が参加してくる市場のため、値動きが出てきます。

 

しかし、東京時間でも為替取引全体の5%程度の取引量ですので、強いトレンドや激しい値動きになることは少ないです。取引の大部分はドル円で、安定してレンジ相場になりやすいのが特徴です。

 

また、東京時間では、9時55分に仲値と呼ばれる一種のイベントがあるので、9時から仲値までの時間はドル円の黄金時間帯とも言えます。この時間帯は日本円が最も活発でボラティリティが大きくなりやすい時間帯なので売買チャンスが多いのが特徴です。

 

仲値とは、金融機関が為替取引を行うときの目安になるレートです。

 

私たちが海外旅行へ行くときは外貨に両替しますよね。その時レートが常時変動していたら両替できませんので、両替時の外貨レートは固定されています。

 

「今日の両替レートは1ドル112.50円です」とこのように決まっています。

この目安になるレートが仲値です。

 

ですので、東京時間では9時55分の仲値がアジア時間において重要だと覚えておきましょう。

 

通貨ペアについて詳しくはFX 勝率が上がる通貨ペアの選び方を参考にしてください。

 

ロンドン時間

 

こちらは市場の開始とともに、いきなり値動きが出てきます。

 

その理由はロンドン市場では為替取引全体の40%に及ぶ取引量となり、3つの市場の内、取引高が圧倒的に多いのが、このロンドン時間です。

 

欧州の指標発表がある時間帯でもあるため、東京時間とは相場の方向性が変わることも多々あります。

 

また、東京時間では実需の取引が多いですが、ロンドン時間では投機筋が急増しますので、東京時間と同じ感覚でトレードしていると痛い目にあうことになります。

 

安易に逆張りをすると、思っている以上にトレンドが継続してしまい、含み損が膨らんでしまうことも多々あります。ですが、値動きのクセをつかむことが出来れば莫大な利益が出せるようになります。

 

通貨ペアの特徴としては、ユーロドルやユーロポンドなどの欧州通貨のボラティリティが高くなる傾向があります。19時ごろになると落ち着きを取り戻しますが、22時ごろになるとニューヨーク時間と重なる為、一番値動きの激しい時間帯となります。

 

ロンドン市場を見るときのポイントは、アジア時間の流れが継続するのか、逆に流れを変えてくるのかを意識してみることが大切です。

 

ニューヨーク時間

 

ロンドン時間と重なり、米国の経済指標や東京の仲値に相当するロンドンフィックスもあるので、1日の中で1番値動きの激しい時間帯になります。

 

ロンドンフィックスとは、東京時間の仲値(9時55分)に相当する時間で、その日の対顧客向けの基準レートを決める時間です。その日の両替のレートや企業との取引レートとなるので、様々な思惑が働き値動きが激しい時間帯となります。

 

ニューヨーク時間になると、欧州通貨に加えてドルストレートのボラティリティも高くなる傾向が強いです。ロンドン時間の終わる25時あたりまでがピークとなりますが、深夜にも米国の経済指標の発表があることもあるので、注意しましょう。

 

世界的に注目されている米国の経済指標の発表などもあるため、短期トレンドも出やすくなりますので、スキャルピングで利益を上げやすくなります。

 

ここまでで時間帯ごとの特徴はご理解出来ましたでしょうか。

 

ボラティリティがないとトレードはしづらいので、ここまでの内容を踏まえたうえで考えると、トレードにお勧めする時間帯は22時から25時となります。実際に多くのトレーダーが取引している時間もこの時間帯です。

 

しかし、専業トレーダーでもない限り、相場に合わせて生活することはまずできないでしょうから、サラリーマンであれば、帰宅してすぐにということも難しい場合は、自分に適したトレード時間帯を探すところから探し始めなければなりません。

 

時間帯を意識して取引する

 

それでは、各市場の特徴が分かったところで、どのようにトレードをしていけばいいのかご紹介します。

 

22時~25時にトレードできる方、そうでない方の両方の意見があると思いますが、どちらともに言えるのは「時間帯に合わせたトレードをする」ということにチャレンジしてください。

 

時間帯に合わせたトレードとは、それぞれの時間帯に合った通貨ペアでトレードして、時間帯ごとの値動きの特徴を把握してトレードするということです。

 

例えば、朝方~昼頃にトレードしたいのであれば、クロス円やオセアニア通貨(AUD・NZD)を選択し、レンジ相場になりやすいことを頭に入れて取引をすることにより、手法もレンジ相場に適した方法を使えばいいので、相場に対して優位性が生まれます。

 

夕方は少しボラティリティが高くなるので、欧州通貨でトレードをしてレンジブレイクを待ちます。

 

夜は最大のボラティリティになるので、ドルストレートを軸にトレンド狙いの手法を組み合わせると良いでしょう。

 

このように、ポイントを押さえて取引することで、無駄なトレードや損切りを失くし、利益を伸ばすことが出来ます。

 

まとめ

 

各市場の特徴は理解できたでしょうか。

 

今回紹介した内容はあくまで参考程度に考えていてください。

というのも、相場はやはり人間心理やファンダメンタルなどによってその日その日で値動きや取引高も変わってきます。

 

しかし、今後FXで稼いでいくためには、市場の開く時間帯などは変わりませんので、知っておいて損はありませんし、長期的な目でみれば、今回紹介したような傾向になっていると思いますので、勝ち続ける為にも今回の内容は覚えておきましょう。