FX スワップポイントを毎日もらって利息で利益を積み重ねよう

FX スワップポイントを毎日もらって利息で利益を積み重ねよう

 

FXを始めたころは、FXとは売買をひたすら繰り返して利益を上げていく投資方法だと思っていました。

 

しかし、FXで利益を上げる方法は一つだけではありません。それは、二国間の金利差を活用して得る「スワップ金利」でした。

 

二国間の金利差に注目!スワップ金利とは?

 

トレードのポジションを1日持ち越すと、ポジションの為替差益以外に、利益が出ていたことがありませんか?

これが、「スワップ金利」の正体です。

 

そもそも、金利とは、銀行がお金を借りたり・貸したりしたときに利息が付くことを想像してもらえるとイメージしやすいです。

 

銀行に1年間お金を預けていると、預けているお金に対して何%という割合でお金が入ってきたり、逆に自動車を購入したりするときに、ローン支払いを選んだ方は、元金返済と共にお金を借りている対価として、数%の利息分を支払っていると思います。

 

FXのトレードでも金利という概念があり、二国間の通貨を買ったり売ったりすることで取引をしますので、この二国間の異なる金利の差を利用することで、金利を発生させます。

 

FXではこの金利差のことを「スワップ金利」または、「スワップポイント」と呼びます。

FXでは、スワップポイントと呼ぶほうが多いのでここからは、スワップポイントと呼びます。

 

つまり、高金利通貨を買い、低金利通貨を売れば、この金利差分が利益として自分に入ってきます。

 

また、銀行での金利はもらえるときは年単位ですが、FXスワップポイントは、毎日貰えます!

 

スワップポイントとは、2国間の通貨の金利差によって受け取れる金利のこと。

 

ドル円を買った場合のスワップポイント

 

少し前までは、比較的安全な高金利通貨とういと、豪ドルニュージーランドドルが取り扱われていました。

 

頻繁にトレードするのではなく、あくまでスワップ金利目的で、豪ドル円やニュージーランドドル円を長期保有して、長期投資としてポジションを建てて「不労所得」を目指し、金利を受け取っていました。

 

しかし、今では豪州の金利は1.0%、ニュージーランドドルも1.0%に低下。昔ほどの金利で取り扱われていないので、スワップ狙いの取引に向かなくなってしまいました。

 

まだ、日本の金利は上昇していませんので、それなりにスワップ金利をもらうことは可能ですが・・・。

 

それでは、ドル円を買ったときスワップポイントはどれくらいになるでしょうか。

 

現在(2019年9月)米国の金利は2.0%、日本の金利は-0.1%ですので、

計算すると、2.1%の金利を毎日受け取ることが出来ます。

 

このドル円のスワップポイントですが、使っている証券会社によっても開きがありますのでご注意ください。

今回はスワップポイントがたくさんもらいやすい海外FXの「XM」を使ってご紹介します。

 

自分が取引したい通貨ペアのスワップポイントを調べるか、スワップポイントの高い通貨ペアを保有するなどの工夫が必要です。

 

例えば、ドル円ではスワップポイントが10万通貨で1日当たり423円もらえます。

 

これを、1か月(30日)ポジションを保有したとしたら、

423×30=12690円

になります。

 

かなり大きいですよね。1か月待って1万円もらえるとしたらとてもうれしいですよね。

 

 

※各国の政策金利は2019年9月現在

 

スワップ金利を狙ったトレードでの注意点

 

しかし、スワップポイントには注意点があって、先に説明しましたが金利を受け取る為の条件として

高金利を買い、低金利を売る」というのが大前提ですので、ドル円の場合は買いポジションを建てる必要があります。

 

逆に、ドル円で売りポジションを建てた場合、「高金利を売り、低金利を買う」となりますので、スワップポイントを支払わなければなりません。

 

この場合金利を得られる時よりすこし多めに設定されていますので、XMの10万通貨の場合

1日当たり1007円ですので、「1007円×30日=30210円」支払わなくてはならなくなります。

 

また、「とりあえず、金利が高い金利を買えばいいんでしょ?」と単に高金利通貨を保有すればいいという訳ではありません。

 

高金利通貨というのはなぜ高金利なのでしょうか?

 

答えは、新興国・発展途上国ならではの、通貨のリスクがあるからです。

 

そのリスクとは、経済が安定していなかったり、国が破綻寸前であったりしていることになります。

そんな国の通貨なんてだれも欲しがりませんよね?だから、「高金利ですよ~!」って自分の国の通貨の価値を高めようとしています。

 

せっかく、スワップ金利をコツコツ貯めたのに、通貨レートが暴落して、為替差益で損失を出してしまっては、元も子もありません。

 

ですので、スワップ金利がどれくらいもらえるのか?どれくらい為替差益で損失を出しても、スワップポイントでカバーすることが出来るのか計算する必要があります。

 

証券会社によっては、スワップポイントを手に取ってわかる表を掲載しているところもありますので、活用してみてください。

 

 

そして、スワップポイントが貯まっても、余裕を持った取引を心掛け、おまけでもらえたお金だからと言って、レバレッジを上げたりして無駄遣いしようとせずに、こまめに出金するなどして、気を付けながら保有するのがコツです。

 

スワップポイントを味方につけるトレード方法!

 

スワップポイントがつくタイミングは、ニューヨーク市場がクローズする時間。

つまり日本時間でいうと標準時は7時(サマータイムの間は6時)です。ポジションを24時間持つ必要はありません

 

例えば、ドル円の買いポジションを日本時間の6時59分に入れたとすると、7時以降にスワップポイントがもらえます。

 

これは、裏技的要素であると私も思っています。

しかし、皆考えることは同じで、この時間帯はスワップ狙い勢がエントリーして為替が上昇したと思えば、貰うだけもらったら決済しますので(売り)相場が変動しやすくなっている状態ですので、危険は伴います。

 

また、逆にドル円を売ろうと思っていたとして、朝7時前に売りポジションを入れてしまうと、マイナススワップがついてしまいます。引かれたくなければ7時を過ぎるまで待ちましょう。

 

さらに、水曜日から木曜日にかけてスワップポイントがプラスの通貨のポジションを保有すると、通常のスワップポイントが3倍になる、お買い得日のようなものがあります。これも覚えていて活用したいところですね。

 

XMでは、取引量や取引通貨ペアを入力することにより自動計算してくれる計算機を用意していますので、そういったものを使えば1日当たりのスワップポイント計算がスグにできてしまいますので、そちらも活用しましょう。

 

 

政策金利に注意しよう!

 

スワップポイントは、各国の中央銀行が決定する政策金利に基づいています。

 

政策金利が変更になると、もちろんスワップポイントにも影響が出てくるので注意しておきましょう。

各国の政策金利はニュースなどで定期的に必ずチェックするようにしましょう。

 

そして、スワップポイントはFX会社によってばらつきがあるので、保有したい通貨のスワップポイントをFX会社のホームページで確認しておきましょう。

 

 

まとめ

 

このようにスワップ金利目的で、高金利通貨を長期保有して、トレードをしてみるのも、FXで利益を上げるための1つの方法になります。

 

ただ、楽して稼げるものはこの世にありません。それなりのリスクがあることはご紹介しましたので、それらを理解し、取引に臨んでください。

 

今後米国が利上げをしてくれば、ドル円を保有することで、今より大きなスワップ金利が入ってくることでしょう。新興国の通貨と違って、私たちは日本に住んでいますし、世界的に注目されているアメリカですので、どちらの国の経済状態なども耳にしやすいですので、情報量が多いですので、比較的安全に保有できるのではないでしょうか。

 

利上げとは、政策金利の金利を上げること。

 

また、今回紹介した「XM」ですが、こちらはスワップポイントが他の証券会社より多くもらえるので、私は長期保有のポジション建て(スワップ狙い)の場合は、こちらを使っています。

 

気になった方は、リンク張っておきますのでご覧になってください。↓↓↓
XM Tradingホームページ

 

トルコリラ(16%)メキシコ(7%)などの高金利通貨も沢山あります。日本のようなマイナス金利を導入している国と組み合わせることで「不労所得」を狙うことも可能となっています。

 

FXの新たな可能性を本記事で見いだせてもらえたのであれば幸いです。

One thought to “FX スワップポイントを毎日もらって利息で利益を積み重ねよう”

Comments are closed.