FX 損切りをポジティブに考えてみる。人間心理を理解しトレードの質を高める!

FX 損切りをポジティブに考えてみる。人間心理を理解しトレードの質を高める!

 

誰もが嫌な損切り。好きな人はいないハズです。

しかし、わたしたち人間は考えることができます。

その”考える力”を逆に有効活用することができれば、資産形成において

有利な立場に立つことができるようになると思いませんか?

 

FXで生き残っているだけでも素晴らしい!

 

FXの世界では9割の投資家が負けると言われています。

それは、資産管理できずに大きく勝負して損失をだしてしまい

そのショックで相場に戻ってくることがないことや、損失で資産をすべて

なくしてしまった場合です。

 

何度も相場にエントリーしているのに相場に残れていて、今でもFXで勝とうと

日々学習しているあなたはまだ資産がのこっているということですよね?

 

それは損失を被ってはいるし、資産管理ができていないようで実はできないなりにも

資産管理できているのです。

 

もちろん学習は必要なので今後も継続することが必要になりますが、まだ相場に戻るチャンスはあります。

損失を被った”経験”がありますので、これから慎重に取引をすることができますね。

”経験”はお金では買えませんので・・・・。

 

FXは”負け方”でコントロールする

誰しも儲けたくて投資をしていると思います。

しかし利益より損失が上回ってしまっては意味がありません。

 

FXでは勝ち方より”負け方”で制御する方が良いと私は感じます。

 

利益はいくらあっても良いですが、損失は自分の許容範囲があると思います(貯金の範囲内・資産の20%までなど)

その許容範囲を超えないように、1トレードでの損失の限界を決めることが必要です。

 

たった1トレードでも塩漬けなどしてしまえば、たった1度の誤りで全資産を失くすことになるかもしれません。

それよりも、毎回1トレードを大切にし、損切り位置にきたら感情を押し殺して、無心でロスカットする必要があります。

 

損切りをはやくすればするほど、自分の資産が残ると考えましょう。

人間の悪い癖でチャートは上下に動いているから戻ってくると考えがちですが私の経験上、それは1割程度です。

 

その、もどってくる間にレバレッジを高めで設定している方は保証金が足りずに他トレードもできないため、ただ取引が

終わるのを待つしかありません。

 

タイムイズマネー。よく耳にする言葉だと思います。

目の前の資産も大事ですが時間も同じく大事です。

損失を被ったのは過去の自分の判断が悪かったと考え、未来の自分のために資産を残してあげましょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published.