FX エントリーした瞬間逆行してしまう!なぜ?

FX エントリーした瞬間逆行してしまう!なぜ?

 

FXで「勝ちたい!」「ここは勝てるポイント!」と思ってエントリーしても、その気持ちとは裏腹にエントリーした瞬間逆方向に進んでしまうのはなぜか考えたことがありますか?

 

また、損切にかかった瞬間にレートが戻りだした・・・なんて現象もFXには度々あります。

 

しかし、それらの現象にはしっかりとした原因があります。

 

今回はそれらの現象の原因について詳しくご説明しますので、しっかり学習して、「勝てるトレーダー」へ転身しましょう。

 

エントリーした瞬間逆行してしまう理由とは?

 

これはFXあるあるの一つになりますが、エントリーした瞬間になぜ「逆」へレートが動いてしまうのか?

 

「もしかして自分のエントリーを誰か見ている?」

「誰かが相場を操作している!」

 

なんて考えてしまったこともあると思います。

 

分かっていると思いますが、そんなことはありません。

 

それではなぜエントリーした瞬間逆行してしまうのか?

 

その理由を解説します。

 

環境認識が出来ていない

 

相場が逆行してしまうのは誰かが操作しているからではありません。

 

なぜなら、仮に証券会社が操作しているのであれば他証券会社と値動きが異なりますが、FXの場合、世界共通で同じ価格になるからです。

 

厳密に言えば証券会社によって多少値段は違いますが、それらの誤差を除くと一貫して同じ値段になります。

 

と、考えるとやはりトレーダー自身の実力不足が考えられます。

 

今後相場がどの方向へ進んでいくのか?という環境認識が出来ていないからこそこのように判断を見誤るのであって、そしてその判断が間違っていることを受け入れられないからこそ損失が膨らんでしまいます。

 

「放っておけば戻ってくるだろう・・」

「持っておけばいつかはプラスになるだろう・・・」

 

これらの考えは個人の主観や願望が入っているので、客観的判断から導き出された相場分析でありません。

 

相場分析する際には感情や願望を入れてはいけません。過去の値動きと現状の環境から未来を予測しなければなりません。

 

これが出来ないからこそ相場と逆方向へエントリーしてしまいます。

不明確な箇所でエントリーしている

 

下記の画像をご覧ください。

 

 

この画像を見てどちらの方向に動くか予想できますか?

 

答えは「どちらにも動く可能性がある」です。

 

相場には”絶対”はありませんので、それもそうですが、上記のような場合レンジ相場ですので、どちらに動くか予測するのは非常に困難です。

 

優位性をもったトレードを行うのであれば、どちらかにトレンドが現れるのを待つことが先決です。

 

「待つ」ことが出来なければ、こうした相場に対応することが出来ずに直感でエントリーしてしまうことになります。

 

ですので、わからない場合は無理にエントリーするのではなく「待つ」という事をして方向性が出たタイミングで優位性をもってエントリーするようにしましょう。

 

例えば以下の画像をご覧ください。

 

 

先程見たレンジ相場よりもトレンドが発生していますので、エントリーしやすいでしょう。

 

エントリーポイントの見つけ方について詳しくはFX 押し目買い・戻り売りとは?を参考にしてください。

 

こうした環境でエントリーすることを忘れずに優位性のある局面でのみトレード出来るようにしましょう。

 

ファンダメンタルズの影響

 

チャートでトレンドが発生しているように思えても、経済指標や要人発言、世界情勢によって一気に逆方向へ動く可能性があります。

 

例えば、FOMC米国雇用統計などは世界中が注目していますので、何か一つのきっかけによって大きく値が動きます。

 

こうしたファンダメンタルズはどのような結果になるかわからないので、損切を設定することを念頭に置いた上で不測の事態に対応できるようにしてトレードしましょう。

 

ファンダメンタルズ分析について詳しくはFX 経済指標に注目!為替を動かす要因とは?を参考にしてください。

 

ファンダメンタルズ分析がどうしてもわからない場合、エントリーすること自体やめておいたほうが良いでしょう。

 

1度のエントリーで今まで利益を全て吹っ飛ばしてしまう可能性もありますので・・・

 

逆行してしまうメカニズム

 

レジサポを見ていない

 

逆行するからには理由は必ずあります。

 

例えばレジスタンスライン・サポートラインを例に挙げて考えていきます。

 

下図をご覧ください。

 

 

このチャートは15分足です。

 

なぜ〇部分で反転しているかわかりますか?

 

これだけではわからないでしょう。当然ですよね。

 

FXは複数の足を見て相場を判断します。

 

これを「フラクタル」と言います。

 

フラクタルについて詳しくはFX フラクタルで考える!を参考にしてください。

 

それでは、もっと広い視野で相場を判断するため、上の足である1時間足を見てみましょう。

 

 

同じ時間での1時間足のチャートです。

 

〇部分は先程の15分足で見た部分と同じ位置です。

 

直近高値が出てきましたね。

 

これで、レジスタンスライン(強く意識されているライン)と判断できるため、多くのトレーダーが注目している部分だとわかります。

 

もう一度15分足を見てみましょう。

 

 

強く意識されているため、「売りサイン」と判断するトレーダーの”売り”と、「買いポジション」を持っているトレーダーの”利益確定売り”が発生する為、値が下がります。

 

逆行トレードに乗ってしまうトレーダーは、この位置を理解できずにいる為、理由がわからないまま「このまま上にレートは伸び続ける」と判断してしまい、高値で”買い”ポジションを持ってしまいます。

 

相場はその後、売り勢と利益確定売り勢が落ち着いたところで、レジスタンスラインにもう一度挑戦して上抜けています。

 

このように、複数の足で根拠を探すことで、「逆行エントリーに乗っかてしまう」ことが無くなります。

 

ダマシによる逆行

 

もう一つ逆行してしまう理由があります。

 

それは”ダマシ”です。

 

重要なのはダマシは、自然発生するものではなく、ダマシを仕掛ける人たちがいるということを知っておくことです。

 

ダマシを仕掛けるのは資金力のある、ヘッジファンドや大型投資家などです。

 

チャートが動く理由はお金が投入されているからです。買う人が多ければ上がり、売る人が多ければ下がるというのがFXの基本的な仕組みです。

 

なので、資金力のある人たちは、大量の資金を使いチャートを動かすことが出来ます。ダマシを仕掛ける人たちが狙っているか?というとあなたのお金です。つまり損切になります。

 

相場が大きく動くためには、大量の資金が必要です。

 

そのためには、大量の損切を巻き込む必要があります。だから損切を狙っていきます。

 

損切を巻き込むためには、前提条件としてポジションを保有する人が多くなければいけません。そのため、ポジションを保有させるために大量の資金を使い、誘いの動き(ダマシ)を仕掛けてくるのです。

 

そういったダマシを仕掛けてくる資金力のあるプロトレーダーは多くのトレーダーが「買いたい!」「売りたい!」と思わせるのが非常に上手いです。

 

その誘いに乗ってしまい、エントリーをしたポジションに対して、買いが集中したところで一気に落とすことで損切を巻き込んで大きく値が落ちます。

 

「これは上がる!」と強い気持ちがある時こそ、注意が必要です。ヘッジファンドの手の上で転がされてしまっているかもしれません・・・。

 

FXはピュアな心では生き残れません。常に疑いの目を持って相場を見るようにしましょう。

 

エントリーした瞬間逆行した際の対応方法

 

基本的にFXの相場はジグザグでどの方向へ進むか誰にもわかりません。

 

ですので、常に「予測が外れた時のシナリオ」を考えて相場の状況に応じた対応を心掛けましょう。

 

そのためにもエントリーする前に「利確位置・損切位置」を決めておき、指値逆指値を必ず設定しておきましょう。

 

指値・逆指値注文について詳しくはFX 指値注文・逆指値注文について分かりやすく解説を参考にしてください。

 

まずは、このように指値・逆指値を設定しておきエントリー後に自ら損切位置を動かさないようにすれば、損失額も一定の範囲内に抑えることが出来ます。

 

相場に100%は無いからこそ、このように一回一回の取引を丁寧に分析しなければならず、「直感」「値ごろ感」でエントリーしていてはFXの世界で生き残ることは絶対にできません。

 

そして仮にもし、エントリーして瞬時に逆行したとしてもその対処法さえわかっていれば問題はありません。

 

勝つトレーダーには2種類いて、「一時的に”勝つトレーダー”」「継続的に”勝つトレーダー”」がいます。

 

後者になれるように頑張りましょう!

 

まとめ

 

■エントリー後に逆行する

・環境認識が出来ていない

・根拠が無いトレードをしている

・ファンダメンタルズの影響

 

FXではテクニカル・ファンダメンタルズ・資金管理・メンタルなど様々な事象を複合的に考えて取引しなければなりません。

 

一つ一つの精度を上げて、「継続的に勝てるトレーダー」になれるよう日々の学習を頑張りましょう!