FX 押し目買い・戻り売りとは?精度を上げる為の方法

FX 押し目買い・戻り売りとは?精度を上げる為の方法

 

FXの相場はジグザグとN字を描きながら上昇したり下降したりしてチャートを形成しています。

 

途中に出来るジグザグの頂点部分、つまり上昇から下降に転じるポイント及び下降から上昇に転じるポイントは、FXの買い時・売り時であると考えられています。

 

今回はこのポイントを狙った売買手法「押し目買い」「戻り売り」についてご紹介します。

 

押し目買いとは

 

上昇トレンド中に相場が値下がりすることを「押す」と言います。

 

このとき、押す判断としては使っている手法によって違いますが、今回はライントレードを主にして考えていきます。

 

下図のように、上昇ラインに近づいたポイントを「押し目」と言います。

 

 

ジグザグ上昇時の凹(谷)に当たる部分です。

 

相場が上昇トレンドにあると、利益を確定する為に「売り」注文が多くなります。このため相場としては一時的に値下がり(押し)を引き起こします。

 

「押し目」はこうした市場の反発(大衆心理)によって生じます。

 

この「押し目」のポイントで買えば、相場が再び上昇に転じたときに利益を上げることが出来ます。

 

このように、相場全体が上昇トレンドにあるとき、「押し目」を狙って買いエントリーすることを「押し目買い」と言います。

 

戻り売りとは

 

戻り売りとは押し目買いの反対と考えれば大丈夫です。

 

相場全体が下降トレンドにあるとき、前もって売りエントリーをしていたトレーダーの買い戻し注文が入ることによって下降中の相場が一時的に反発し、上昇に転じます。

 

この値動きを「戻る」と言い、上昇し下降ラインに近づいたポイントを「戻り目」と言います。ジグザグの凸(山)の部分にあたります。

 

 

「戻り目」のポイントで高いレート時に売りエントリーしておけば、値下がり分だけ利益になります。

 

このように、下降トレンドの中で「戻り目」を狙って売りエントリーすることを「戻り売り」と言います。

 

押し目買い・戻り売りのタイミングの判断方法

 

「押し目ポイントになってエントリーしたら反転のタイミングで値下がり続けて損をしてしまった」というのは初心者のうちによくあることです。

 

押し目買いや戻り売りで利益を出すためには「押し目」「戻り目」の精度を上げる必要があります。

 

そうでないと、実は反転サインが出ていたにも関わず、見逃してしまい、損失を出してしまいます。

 

下図をご覧ください。

 

 

このように一つの手法だけだとどうしても信用性に欠けてしまいますので、「押し目」「戻り目」の精度を上げるにはトレンドラインと移動平均線を組み合わせるなどの方法が効果的です。

 

もちろん、手法を組み合わせたからと言って、毎回押し目買い・戻り売りが成功するとは限りませんので、「損切」の設定は必ずしておきましょう!