FX ピークエンドの法則がメンタルに及ぼす影響と効果

FX ピークエンドの法則がメンタルに及ぼす影響と効果

 

ピークエンドの法則をご存じですか?あまりFXでは耳にしない言葉なのではないでしょうか。

しかし、ピークエンドの法則が投資にもたらす影響を知ることによって、FXにおける精神面の考え方を理解しておくと今後の取引に優位性を持ってトレードすることができるでしょう。

 

■この記事はこのような方向けです

・FXにおける精神面の成長を望んでいる方

・メンタル的に弱いと自負している方

 

ピークエンドの法則とは?

 

ピークエンドの法則とは、行動経済学者のダニエル・カーネマンが1999年に発表したもので、人はほとんどの経験の喜び(最も感情が高ぶった瞬間)と苦しみ(最後の感情)によって物事を判断してしまうということ。

 

人間の記憶はとても曖昧で、すべてを覚えてはいられないので、印象深いピーク時エンド時感情が記憶されるのです。

 

それでは、カーネマンが実際に行った実験で説明します。

 

ピークエンドの法則を発表したダニエル・カーネマンは、FXのメンタル的な要素でよく語られている「プロスペクト理論」で有名です。

プロスペクト理論について、知らない方はFX プロスペクト理論とは?日常にも実は潜んでます!を参考にしてください。

 

ピークエンドの法則の実験

 

どちらが良いか直感で選択してください。

 

1.死ぬほど冷たい水に60秒間手を浸す。

2.死ぬほど冷たい水に90秒間手を浸す。ただし、最後の30秒間は水は依然として冷たいものの徐々に温度が上昇する。

 

どちらかを選べと言われたら、冷たい水に60秒間手を浸す時間は同じであるので、誰でも苦痛な時間が短い前者を選ぶと思います。

 

しかし、実際に学生を使い1と2の両方を体験してもらった後に、同じ質問をした結果、驚くべきとこに80%の人が後者の90秒間を選んだのです。

 

つまり人は、物事が起きていない段階では、喜びと苦しみの絶頂(ピーク)を先取りして、苦しみが少なく喜びが大きいほうを選択するが、実際に物事を体験した後では、終了時(エンド)の記憶が鮮明に残るため、それに影響を受けてしまいピークとエンドの印象が強く残ります。

 

ピークエンドの法則は、本来重要な要素である長短(時間)は問題ではなく、ピークエンド感情最優先事項として脳に記憶されるのです。

 

投資とピークエンドの法則

 

株式投資で例をあげましょう。

例えば、A社とB社の株を買ったとします。株価は両社とも1000円で購入株数を100株をします。

 

A社の株価は買った直後からダラダラ値下がりを続け1年後に1株600円になってしまいました。一方のB社は1200円まで値上がりしましたが、数日前に悪材料が出て800円まできゅうらくしてしまいました。

 

両社とも収益はマイナスですが、客観的に見ればB社の方が成績が良かったのは見て取れます。

 

しかし、最後の急落を見た時の感情を脳が記憶し、次の1年の買い増しの選択を迫られたら、ピークエンドの法則から成績の悪かったA社の株を購入してしまう人が多いと思われます。

 

逆に利益が出た時の例えだと、上記のA社は一年後に1500円になった。一方、B社は1000円を行ったり来たりして、中々相場は動きませんでしたが数日前に1300円にまで急騰しました。

 

これも客観的に見ればパフォーマンスが優れているのは、A社のほうが成績は優れています。しかし、直近の急騰を見せられたあなたは、そのときの感情を記憶し、次の一年でB社を選択する可能性が高いです。

 

もちろん、実際には好材料・悪材料の無いようにより選択は変わってきますが、ピークエンドの法則の罠にハマっていないか、一度確認してみるのもいいでしょう。

 

FXにおけるピークエンドの法則の関係

 

ずっと負けていたとしても、最後にちょろっと中程度の勝ちをしただけで、自分は買っているんじゃないかと思ってしまったり、勝率もリスクリワードも五分五分で収支はプラマイゼロでも最後の数回の取引がプラスになって儲かっていると思って資産を見てみたらトントンだったことはありませんか。

 

リスクリワードとは、利益と損失の関係のこと。

 

これは、ギャンブル(パチンコに多い)でよく見られますが、今まで何十万と負けているのに、今週の収支はプラスだからと辞められないのと同じ法則です。

 

終わり良ければ総て良し」タイプの人はこれに当てはまります。

 

ピークエンドの法則は、恋愛心理学でよく語られる精神論で、途中けんかしてしまったり険悪なムードになっていても、最後に仲直りしていればその日のデートは楽しかったものとして記憶される。

 

ピークエンドの法則に振り回されない為に

 

それでは、ピークエンドの法則の罠に引っかかってしまわないようにはどうすればよいかご紹介します。

 

それは、「記憶より記録に残して、分析をする」

 

これをすることによって、手に取って自分の状況が理解できるため客観的に物事を判断できるようになります。

 

それでは、改善方法を4つ紹介します。

 

①手法を改善するためにトレード日誌をつける→手法が改善される

 

②ルールを守れるようになる→ルールを守ることでどれくらいの利益・損失が出るかわかる為、ルールを破っては勝てないことが脳レベルで把握できるようになる。

 

③トータルでトレードを考えられるようになる→きちんと収支を書き留めることで、一つ一つのトレードに固執しづらくなる

 

④無駄なトレードが減る→そもそも分析をせずに取引するのはナンセンス。優位性があるトレードのみエントリーできるようになる。

 

トレード日誌のつけ方

 

保存するチャートは月足・週足・日足・時間足でエントリーの決め手となった足までつける。

 

根拠・リスクリワード・利益確定位置・損切確定位置と取引終了時の反省点・改善点・その時の感情なども後から見てもわかるように書き留めておきましょう。

 

日誌を付ける際は、手書きでもパソコンでも良いですが、頭で感じたことを書き留めるときは、真っ白な紙に一度思ったことを殴り書きして、あとからまとめるようにしましょう。頭の中だけで整理するのは中々難しいので。

 

まとめ

 

■ピークエンドの法則

 

・人間は、経験のピーク(最も感情が高ぶった瞬間)とエンド(最後の印象)によって判断する

・「終わり良ければ総て良し」の人は気を付ける

・日誌をつけて記憶ではなく記録をつけて客観的に自分を評価できるようにする。