PDCAサイクルとは?FXに取り入れて利益を改善させる

PDCAサイクルとは?FXに取り入れて利益を改善させる

 

サラリーマン経験者の方であれば「PDCA」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。主にビジネスの場で使われることが多い言葉ですが、FXにおいてもこの「PDCA」を使うことが出来ます。

 

PDCAサイクルを取り入れることによって、さらなる利益改善を可能にします。

 

今回はPDCAの重要性とFXで活用する方法をご紹介します。

 

PDCAとは?

 

PDCAとは以下の4つの頭文字を取った言葉です。

 

Plan(計画):過去の実績や将来の予測を基に計画を立てる

Do(実行):計画に沿って行動する

Check(評価):実行結果が計画に沿っているか評価する

Action(改善):評価内容を基に問題点を見つけ、改善する

 

これらを上から順番にP→D→C→A→P→D→・・・と循環して継続的に改善していくことを「PDCAサイクル」と呼びます。

 

FXでは「9割の人が負ける」とされていますが、9割の中の多くのトレーダーが「Do」のみしか取り入れていない為、そのまま退場していってしまいます。

 

【Doのみのトレーダーのサイクル】

口座開設⇒入金⇒取引⇒入金⇒取引⇒破産

 

このサイクルに現状当てはまっているトレーダーの方もいるのではないでしょうか。

 

そうならない為にも今回ご紹介するPDCAサイクルを活用してみてください。

 

PDCAサイクルをFXに取り入れる

 

上記で簡単に解説しましたがこのPDCAサイクルは仕事以外でも役立ちます。

 

スポーツ・趣味・遊び・デート…そしてFXです。

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

Plan(計画)

 

ここでの「Plan」は下記のようなものを指します。

 

・何のために投資をしているのか?

・目標金額は?

・売買ルールは?

・トレード期間は?

 

など、この「Plan」も無しにトレードを行うと一発勝負トレードやズルズルと負けトレードを繰り返し、いずれ資金を失ってしまいます。

 

投資は最終的に安定的なお金を稼ぐという意味で会社経営に似ています。

 

会社では「Plan」にあたるものとして「アクションプラン」があります。

 

・市場調査・競合企業の調査をどの程度行うか?

・いつまでに利益を出すのか?

・どれくらいの従業員を雇うのか?

 

といった計画を立てます。

 

FXも同じようにまずは計画を立てることで自分がどこに向かっているのか明確に出来る為、その後の行動が取りやすくなります。

 

Do(実行)

 

「Do」は実行です。ここで重要なのはPlan通りに実行することが必要不可欠です。

 

FXの世界ではメンタルコントロールが必要と耳が痛いほど聞きますが、せっかく計画を立ててもDoでメンタルが崩れてしまうと計画を立てた意味がありませんので「マイルール」通りに行うことを意識しましょう。

 

参考記事:FX マイルールの作り方まとめ!取引する前に必ず決めておこう!

 

Check(評価)

 

実行が終わると「Check」が待っています。

 

実行した内容が計画通りに行動できたのか「評価」をします。

 

例えばマイルール通りに取引が出来ていないのであれば、メンタルを鍛える必要があることがわかります。

 

マイルール通りに実行できていれば次のセクションに移ります。

 

参考記事:FXはメンタルを鍛えることで勝てるようになる

 

Action(改善)

 

評価が終わると「Action」が待っています。

 

Action(改善)では次のような項目を見ていきます。

 

【勝った場合】

・エントリー位置

・決済位置(利益がもう少し伸ばせたのではないか?)

・相場はシナリオ通りに動いたのか?

 

【負けた場合】

・エントリー位置

・損切位置(もっと早く損切出来たのでは?)

 

勝った場合は「もっと利益を出せたのではないか?」「シナリオ通りに動いたか?」などを見ていきます。

 

決済位置を今後伸ばすためにどうすればよいのか?に注目して改善を行いましょう。

 

また、シナリオ通りに動いていないのであれば運で勝てた要素もある為、シナリオ通りに出来るだけ沿った相場になるよう改善しましょう。

 

負けた場合は「エントリー位置」「損切はもっとはやくできなかったのか?」を見ていきます。

 

エントリー位置が「高値掴み・安値掴みで無いか?」「順張りなのに逆張りになっていなかったか?」や

 

損切位置がもっと早い位置でするために判断材料が少なかったのではないか?などを考え改善していきましょう。

 

参考記事:FX 利益確定ルールを決めよう!利確ポイントの決め方とは?

 

参考記事:FX 損切りの3つの基本目安とは?

 

まとめ

 

PDCAサイクルを回すことで自分の取引を「可視化」することが出来、客観的に自分の勝ち負けの傾向を眺められることで、自分のトレードスタイルの改善に役立ちます。

 

今ままで「何となく戦略を立てて、取れそうなところでエントリーして、なんとなく利食いして、損切して・・・」と言う方はこの記事を読んだ瞬間からPDCAサイクルを回してみてください。

 

トレードは曖昧にやっていても絶対に勝てるようにはなりません。

 

一回一回のPDCAを考えることで、自身の取引スキルは取引をこなす毎に飛躍的に向上することは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.