FX損切

FX 損切しない手法はあり得るのか?適切な資金管理をしよう

FX 損切しない手法はあり得るのか?適切な資金管理をしよう

 

損切は投資をする上で必ず必要になってきます。

 

しかし、今回は「損切をしない手法はあり得るのか?」という問いに対して、”No”という観点からお話ししたいと思います。

 

ですが、損切を入れない為の”条件”があります。それでは見ていきましょう。

 

大前提として、損切をしない=破産するは間違い

 

まず、損切をしないと破産するという考えはやめましょう。

 

というのも、FXの性質上高いレバレッジを掛けられるため、当たり前のようにレバレッジを掛けて取引をしています。

 

その中で、手法もままならないままプロと同じ土俵で勝負しようとするから勝率が下がり負けてしまうのは当然ですね。

 

しかし、勝率を上げようと思うと、「損切入れなくていいじゃん」と言う発想になってしまう人もたまにいます。

 

たしかに損切を入れなければ勝率は高くなります。

 

勝率90%も夢ではありません。しかし、それは非常に危険なのです。

 

「コツコツドカン」という言葉があるように、小さい利益を出していても大きな損失一発でK.Oされてしまうからです。

 

それこそが損切しない=破産と考える根源と言えるでしょう。

 

しかし、考えてもみてください。本当に損切を設定していないことが負ける原因になったのでしょうか?

 

いいえ。そんなことはありません。

 

次の章で「いいえ」と答えた理由を解説します。

 

損切が必要ない場面も存在する

 

FXを「短期投資」と考えて、ハイレバレッジで短期的に稼ごうとしている方は必ず損切が必要になります。

 

しかしFXを「長期投資」と考えている方はFXの”良い所”をとれますし、損切を引かなくてもキチンと利益を上げられる可能性があります。

 

どういうことなのでしょうか?

 

それは、「レバレッジ1倍で、スワップを取る」という事です。

 

上の章でもお話ししたようにFXで破産する人の多くは、「ハイレバレッジ」が原因で退場しています。

 

と、考えれば「損切」が出来ない事よりも、エントリーする前からハイレバレッジで取引をしようと「短期集中型」になってしまうため、逆行してしまった際に損切が出来なかったり、ハイレバレッジで有るが故に、強制ロスカットを食らってしまうのです。

 

レバレッジ1倍というのは、100万円預けた場合、100万円分のドルしか買えません。

 

なので、「外貨預金」をしているのと同じ効果があります。

 

また、FXには「スワップ金利」がありますね。

 

スワップ金利とは、2国間の通貨の金利差によって受け取れる(または支払う)金利のこと。

 

なので、毎日預けている(交換している)ドルに対して、スワップが付きます。

 

また、外貨預金であれば円→ドルに換える時、ドル→円に換える時”手数料”が掛かります。

 

預けているお金が多ければ多いほど、手数料が増えて、せっかく「為替差益」で利益が出ていても、結局マイナスになってしまったということにもなり兼ねませんし、外貨預金であれば、金利も微々たるものです。(日本と比べては良いですが・・・)

 

円かドルの価値がなくならない限り強制ロスカットになることはまずありえません。

 

なので、自分が「なぜ投資を始めるのか?」から自問自答した方が良いでしょう。

 

短期的にお金を稼ぐ必要があるのであれば、たしかにハイリスクハイリターンな「短期集中型」が向いています。

 

しかし、「銀行に貯金しているのは勿体ないから」などの理由であれば、上で述べたように「長期投資」としてFXを始められるため、「ローリスク」で資産運用することが可能になります。

 

「FXはハイリターンハイリターンだ」などと言われていますが、「ハイリスク」にしているのはトレーダー自身なのです。

 

証券会社は最大25倍(昔はもっと高かった)まで、レバレッジを掛けられることが出来ますね。

 

しかし、「”最大”25倍」というだけで、最大レバレッジで取引してくださいとは誰も言っていませんよね。

 

日本人の悪いところで、「損したくないからフル活用する!」と考えがちです。

 

ファミレスのドリンクバーと同じですね。「お金払ったから、極限まで飲んでやる!」のようなものです。

 

レバレッジ1倍で運用するなら条件は2つ!!

 

レバレッジ1倍で取引するからと言って、ノーリスクなわけではありません。

 

レバレッジ1倍で資産運用するための条件は2つあります。

 

1つ目は「安定した通貨を選ぶ」ことです。

 

円やドルなどは世界的に見て安全通貨とされている為、そこまで深く考える必要はありませんが、カントリーリスクなどがある国の通貨はできるだけ、避けておきましょう。

 

もし、紛争や経済状況が悪化してしまえば、毎日受け取る「スワップ金利」や「為替差益」で大きくマイナスを出してしまう可能性があるからです。

 

安全な通貨の選び方については下の記事をご覧ください

 

参考記事:FX 通貨ペアとは?取引する前に必ず知っておこう!

 

2つ目は「スワップ金利を貰える通貨ペアを選ぶこと」です。

 

スワップ金利の基本は「高い金利の通貨を買い、低い金利の通貨を売った場合」にもらえますので、逆をしてしまっては、銀行で例えると”預金”をしているのに、毎日金利を「支払わなければならない」という状態になってしまいます。

 

こうならない為にも、必ず「高い金利を買う」「低い金利を売る」という条件を守りましょう。

 

また金利は変動しますので、定期的に必ずチェックするようにしましょう。

 

「長期投資だからエントリーすれば、あとは放っておいて大丈夫でしょ?」と考えてしまいがちですが、FXには為替変動のリスクと金利変動のリスクがありますので、「10年後にまた見ればいいや」と思って、その時は高い金利を買ったつもりでも、10年後には金利差が逆転していることもあり得ますので、注意しておきましょう。

 

金利差・スワップ金利について下記の記事を参照してください。

 

参考記事:FX スワップ金利をイメージして利益を積み重ねよう

 

まとめ

 

「損切」は投資をする上で必ず必要なスキルの一つです。

 

ですが、損切が出来なかったから”破産”したという考えはやめましょうということを今回お話ししました。

 

投資においてリスクを高めているのはいつも投資家自身です。

 

自分がなぜ投資をするのか?を明確にしたうえで、取引をすることで、目標に対する最低限のリスクでリターンを得られるようになります。

 

ここまで、「損切は必要ない」をテーマに話を進めてきましたが、今回取り上げた「長期投資」として、”外貨預金”のような形でFXをする方向けに話を進めてきました。

 

レバレッジを1倍以上かけて、「短期集中型」のトレーダーの方は必ず損切は設定しましょう!

 

関連記事:FX 損切りの3つの基本目安とは?