FX ナンピンは最強なのか?お勧めできない隠れたリスクと正しい使い方とは

FX ナンピンは最強なのか?お勧めできない隠れたリスクと正しい使い方とは

 

含み損を抱えた時に、「ナンピン」をしている方を見かけますが、この方法はお勧めできません。

 

とくにFXを始めたばかりの初心者であれば、ナンピンの本来の使い方を理解していない為、含み損をさらに加速させてしまいます。

 

なぜお勧めできないのか。その理由リスクについてご紹介します。

 

ナンピンがお勧めできない理由

 

そもそもナンピンとは?

 

ナンピンと言う言葉を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

まずはナンピンの解説をしておきます。

 

ナンピンとは漢字で難平と書きます

 

例えば、買い建てポジションを持っている場合、レートが逆行し下がったところでさらに買いエントリーをすることを指します。

 

これをすることにより、レートが逆行したとしても最初に買った価格に対して平均取得単価を下げることが出来ます。

 

買い増しは、最初買ったポジションに対して上がったところで追加で買うことを言いますが

 

ナンピンは最初買ったポジションより安いところで買うことを言います。

 

売りの場合は反対に、最初売ったポジションより高いところで売ることを言います。

 

例えば、最初持ったポジションの価格が1ドル100円だったとして、レートが逆行し1ドル90円になったところでナンピンすることにより、同じポジション量だと平均取得単価は95円になります。

 

最初に持った100円より、安いところで保有できるので上昇すると見込んでいるのであれば有利な取引が出来ます。

 

ナンピンのメリットとデメリット

 

ナンピンのメリット

 

ナンピンのメリットは上記で説明した通り

 

「平均取得単価が有利になる」

 

ことが1番のメリットです。

 

もう1つメリットがあり、ナンピンをすることで利益が出やすくなり、利益期待額が増えることになります。

 

安いところで買えば、高いところで持っているポジションよりに対して同じ利益確定位置であると仮定すると、利益確定目標までの幅が広がる為、利益期待額が増えます。

 

(上がると見込んでいる相場で価格が安くなるということは同じポジション量だと、最初買った価格より、多くの通貨を買うことが出来るからです。)

 

また、含み損をしている場合、ナンピンをすることにより、平均取得単価が下がるので、本来の取得単価より早い位置で損益分岐点が移動する為、「建値に戻ってきたら決済しよう」と考えている場合は早く決済できます。

 

ナンピンのデメリット

 

メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。

 

・逆張りトレードになる

・リスク管理の徹底が必須

 

この2点です。

 

ナンピンの場合、根拠ある押し目買いや戻り売りと言うことでなく、直感トレードすることを主に言う為、「レートがただ下がっているから買う、上がっているから売る」とういのは逆張りになってしまいます。

 

逆張りですので順張りと比べるとそのまま逆行してレートが戻ってこず、含み益になることなく含み損をさらに増やす可能性も高まることから、リスク管理も当然難しくなります。

 

ここで言うリスク管理とは、「エントリー前に決めていた損失の許容額」をナンピンすることにより、損失した際に同じポジション量の場合、許容額の2倍の痛手を負ってしまうことです。

 

さらに、レートが逆行し、ナンピンを繰り返していると、当然負けた時の損失ナンピンの回数に比例して増えていきます。

 

リスク管理を徹底する

 

トレードだけでなく投資やギャンブル全てにおいていえることですが、資金を守る為にリスク管理がとても重要です。

 

これが出来ないトレーダーは勝率がかなり良くても、今後必ず資金を飛ばす可能性がありますので、手法や分析よりもまずはリスク管理を行いましょう。

 

いくら、トレード技術があってもリスク管理が出来ない限り勝ちはありません。

 

デメリットでお伝えしましたが、ナンピンだとリスク管理が出来ません。

 

私も経験がありますが、相場は常に動いています。

 

そんな中1秒でも早く含み損を減らすことに集中していますので、頭ではわかっていても実際の取引になるとリスク管理にまで頭が働きません。

 

やはりそれだと、勝つことはあっても負けた時のダメージの方が何倍にも大きく、資金を飛ばすことも何度もありました。

 

計画ナンピンは大丈夫?

 

それでは、ナンピンの仕組みを理解して、計画的にナンピンをするのは大丈夫でしょうか?

 

計画ナンピンをするのであれば、いつも行っている取引における損失額をまずは確認しましょう。

 

その後、ポジション量がいつも10lotの場合は、その後逆行しそうであれば、エントリーを待つのが一番良いですが、どうしてもエントリーしたい場合は

 

何回自分がナンピンしそうかを計算して、最初のエントリー以外に、「あと1回ナンピンをしそうだな」と思うのであれば

 

最初のポジション量を5lot、計画ナンピン時も5lotでエントリーすれば問題ありません。

 

これは、損失許容額をあらかじめ確認しているから出来ることになります。

 

ナンピンするのがあらかじめわかっているのなら、最初から損失許容額ギリギリでエントリーするのではなく、半分に分けてエントリーすることにより、リスク管理の面からも優位性を持ったトレードを行えます。

 

また、ナンピンを何回も経験している方は、そもそものエントリーの位置が悪いかもしれませんので、分析技術も疑ってみましょう。

 

高値掴み・安値掴みがこれに当たります。

 

 

まとめ

 

結果的に、ナンピンはお勧めできません。

 

FXにはマーチンゲール法のようなポジションの取り方がたくさんありますが、どれもリスク管理が出来ていないトレーダーが使ってしまうと、さらなる損失の拡大につながるだけで得られるものは何もありません。

 

また、負けた時の損失はナンピンの回数に比例しますので、普段1トレードで1回しかエントリーしていない時に比べて、メンタルの崩壊指数も上がる為、やはりナンピンはしないほうが良いです。

 

計画ナンピンをする際にも、ナンピンの回数と比較して損失許容額が上回ってしまいそうなら、それ以上のナンピンは避けましょう。