FX マイルールの作り方と決める時の注意点まとめ!取引する前に必ず決めておこう!

FX マイルールの作り方と決める時の注意点まとめ!取引する前に必ず決めておこう!

 

FXでは多くのトレーダーが相場を早期に退場してしまいます。

 

なぜ、9割ものトレーダーが相場を後にするのでしょうか?

 

それは、「ルール作り」を行っていないからです。

 

今回は、ルール作り(マイルール)を予め決めておくことによって、相場が想定通りに動いた時の対応方法と、相場が逆行してしまった際の対処方法を明確にして、FX取引を優位な立場で行い、少数派の勝ち組トレーダーになるための方法をご紹介します。

 

FX取引をする上でマイルール作りは必ず必要

 

FXはレバレッジを大きく掛け、株や先物取引よりも少ない金額で大きな金額を動かせることが出来る為、誰でも簡単に取引をすることが可能なことが金融商品の一つです。

 

しかし、「誰でも簡単に」が金融商品(投資)を始める初心者の方には罠でもあります。

 

最初はビギナーズラックで勝てることがあっても、必ず最終的には退場してしまいます。

 

相場を退場していく多くの方は今回紹介する「マイルール」を取引前に決めておらず、また決めていても、損失が膨らんだり、「利益がもっと増えるのではないか?」と感情に左右され、予め決めておいたルールを無視してしまいます。

 

このマイルールの土台がしっかりしていれば、あとはマイルール通りに無心で取引をすることができれば自然と利益も出せるようになります。

 

なので、マイルール作りはFX取引において最重要事項といっても過言ではありません。

 

プロトレーダーは必ずマイルール作りをし、決めたマイルール通りにコンスタントに相場をこなしているのです。あとは、利益が後からついてきます。

 

人に説明できるレベルまでマイルール作りはしっかり行う

 

「マイルールはもう作っている」という方ももしかしたらいるかもしれません。しかし、その中で自分のルールを人にきちんと説明できる方は何人いるでしょうか?

 

実際マイルールを人に説明できる方は少数だと思います。

 

「マイルール」は作っているものの、「自信が無い」「人に説明できない」という方は、マイルール作りの時点で「知識不足」のままマイルールを作ってしまっている為、人に説明できないのです。

 

また、自分で作ったマイルールであれば、実際取引をしていれば、「逆行してしまった」といった場合、「マイルールには無いけどこれでもし値が戻してくれば結果オーライ」なんて考えをしてしまい、結果的にルールを破っていたり、感情次第でコロコロと自分の都合が良いように解釈してしまいます。

 

「明確なマイルールが無い人」「マイルールを守れない人」ほど、FXのオカルト必勝法を探そうとする傾向があります。

 

相場の世界において100%はありませんので、「リスク管理」が非常に重要になってきます。

 

その為にも、利確・損切ルールのみならず、リスク管理・資金管理・エントリー根拠など様々な面からマイルールを構築する必要があります。

 

マイルールを作ってみよう

 

FXのマイルールを決める為に、基本的な3つのルールをまずは決めましょう。

 

・エントリー

・損切り

・利益確定

 

です。

 

上記でも述べましたが、マイルール作りにはこれらの他にリスク管理・資金管理なども必要になってきますが、初心者の方はあれやこれやと決めるよりは、まずこの3つの事柄を集中的に学習し、マイルール構築をしていきましょう。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

エントリー

 

初心者トレーダーは「FXがしたい!」という気持ちが強い為、根拠もなくどんどんエントリーしてしまいがちです。

 

いわゆるポジポジ病ですね。

 

そのため、エントリー条件に関するルール作りは大切になってきます。

 

根拠の無いエントリーを行わず、インジケーター(移動平均線・ラインなど)を使い、決めた価格になったときのみエントリーするなどが大切です。

 

また、FXは24時間取引が出来、各市場によって取引高やボラが違ってきますので、「取引は夜の10時から」や、「経済指標が出る時間はインジケーターでサインが出ていてもエントリーしない」など決めておくと、さらに効果的です。

 

参考記事:FX 各市場の取引時間が丸わかり!各市場の特徴を覚えて取引に役立てよう

 

損切り

 

損切りに関するルールを定めることはマイルール作りにおいて1番重要になってきます。

 

FXでは損切りが出来ないトレーダーが多く、退場率も高くなっているからです。

 

FXの場合、損失が出たとしてもロスカットと言われるシステムがある為、ロスカットラインまで到達しなければ含み損は確定するまでポジションをキープできます。

 

しかし、損切をせずにトレードを続ければ、今までは損切を設定しない手法で勝てていても、一度のトレードで今までの全ての利益を一回の負けで全て吹き飛ばしてしまい兼ねません。

 

その為にも、「ロスカットが執行される前」に損切をする癖をつけておきましょう。

 

損切りは早いに越したことはありません。損切貧乏と言う言葉がありますが「損切をしない」よりは格段に損切が早いタイプの方が良いです。

 

そうならない為にも大切な資産をしっかりと守る為にも損切のルールは明確にし、ルールに沿った冷静な損切を行うようにしましょう。

 

損切りのルールの決め方は、「エントリーポイントから10pips離れたら」「利益確定の反対側(同じpips)にする」などシンプルなものにしておきましょう。

 

複雑にしておくと、逆行してしまった場合に自分本位の損切ルールを考えてしまい、あっという間に資金を吹っ飛ばしてしまうからです。シンプルにしておくと”言い訳”をする可能性がぐんと下がります。

 

参考記事:FX 損切りの3つの基本目安とは?

 

利益確定

 

利益確定は利益が出た場合、「もっと稼ぎたい!」と欲が出てしまうため、深追いした結果、相場が逆行してしまいせっかくの含み益も含み損に変わってしまうかもしれません。

 

なので、「価格が〇〇円〇銭まできたら確定する」といった、明確な利益確定ラインが必要です。

 

利益確定に関するルールは利用するインジケーターや通貨ペアによっても変わってくるのが一般的です。

 

利益確定ルールは例えばライントレードをエントリー根拠にしている場合は、「レジスタンスラインに達したら」などエントリーしたインジケーターの情報を基に決めておきましょう。

 

また、利確ルールを決める際に注意すべきポイントは、「損小利大」を意識することです。

 

損小利大とは損を小さく・利を大きくとそのままの意味です。

 

これをFXで分かりやすく数値化したものがリスクリワードと呼ばれるリスク管理法です。

 

参考記事:FX リスクリワードとは?取引を優位にする為の計算法

 

リスクリワード計算をし、損切よりも利益の場合の利益額を大きくしておきましょう。

 

そうすることで「コツコツドカン」は自然と無くなります。

 

エントリー根拠のインジケーター×リスクリワード管理=をすることにより、さらに相場に優位性を持った取引をすることが出来ます。

 

利益目標を決める

 

利益目標を決めることにより、「今月は〇〇万円を目指す」と決めた場合、その利益を取る為に最低限のリスクで取引するにはどのようにしたらいいのか?と考えることが出来ます。

 

ただし、利益目標は無理のないものにしましょう。FXの世界では「資金を2倍」にするのにはとても時間がかかります。

 

なので、「1カ月で資金を2倍にする」などの目標は時に「今月までに2倍にしないと!ここまで負けているから取引数量を上げよう!」となってしまい兼ねません。

 

こうなるとギャンブルトレードまっしぐらです。

 

また、取引する際の通貨ペアの1日当たりの値動き量を把握しておきましょう。

 

通貨ペアのボラティリティを考慮して利益目標を立てるようにしましょう。

 

参考記事:FX 通貨ペアとは?取引する前に必ず知っておこう

 

マイルールは守らないと意味が無い

 

マイルールを作る上での大切なことをここまで説明してきましたが、どれも「守れなければ意味が無い」です。

 

マイルールを作ったら「マイルールに忠実になれるか?」が勝負の命運をわけます。

 

自分の裁量で利益確定や損切りを行うと、ルールを簡単に破ってしまいがちです。

 

なので、エントリーした後は出来るだけ感情が相場に入らないようにするために、指値・逆指値注文を入れておきましょう。

 

そうすることで自分の感情が相場に反映されませんので、マイルール通りにコンスタントに相場をこなすことが可能になります。

 

参考記事:FX 指値注文・逆指値注文について分かりやすく解説

 

まとめ

 

今回はFXのマイルール作りについてご紹介しましたが、マイルール作りには無理のないルールを設定するようにしましょう。無理な目標はギャンブルと同じになってしまう可能性が高まります。

 

FXは株式投資などに比べ、ボラティリティが低いため「1カ月で資金を2倍」などといった目標設定では、レバレッジを上げ、取引数量を上げるしかありません。

 

もし上手くいけば1カ月で2倍も夢ではありませんが、失敗すれば1カ月で全資金を失ってしまいます。

 

そうならない為にも無理のないマイルール作りをすることが大切です。

 

そして、今回作ったマイルールを「守れなければ意味が無い」ですので、指値・逆指値やこれらを使ったOCO注文・IFO注文などをうまく使い、機械的に相場をこなしていきましょう。

 

参考記事:FX IFD注文・OCO注文・IFO注文を分かりやすく解説!

 

FXに必勝法はありませんので、無理のないマイルールを作り、守り、FXで利益を出していきましょう。

 

マイルールを決める為に、まずトレードスタイルを決めたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

参考記事:FX まずは自分に合ったトレードスタイルを見つけよう