FX マインドフルネス瞑想を使ってメンタルの悩みを解決しよう

FX マインドフルネス瞑想を使ってメンタルの悩みを解決しよう

 

FXでの悩みと言えば、「手法」「分析」「リスク管理」など人それぞれその時の状況で様々あると思いますが、今回は初心者の方が陥りやすい「ポジポジ病」や「チキン利食い」などをはじめとした「メンタル」の部分を解決できる方法をお伝えします。

 

メンタルの悩みを解決する方法には様々ありますが、その中でも「自分を観察する力」を身に着けることにより、ほぼすべての問題は解決できます。

 

今回はそんな「自分を観察する力」を身に着ける為に「マインドフルネス瞑想」を使った方法をご紹介します。

 

マインドフルネス瞑想とは?

 

瞑想という言葉を聞くと、宗教やスピリチュアル的な感じがするかもしれません。

 

座禅を組んで座り続ける姿は、非日常的に感じる方も少なくないでしょう。

 

しかし、現代では瞑想が科学的な研究対象になっていて、脳科学や神経科学を中心に驚くべき効果が次々と証明されています。

 

例えば、瞑想を行うことで感覚処理と注意力に関する大脳新皮質が増大することや、免疫機能が増大することが明らかになっています。

 

こうした研究の結果、瞑想の重要な効果が明らかになり、それを日常の中で実践して効果を上げることが可能となります。

 

マインドフルネス瞑想とは、そうした科学に裏付けられた、誰もが実践できることから「カジュアルな瞑想」とも呼ばれています。

 

マインドフルネス瞑想がFXにもたらす効果

 

それではマインドフルネス瞑想がFXにどのような効果があるのかご紹介します。

 

ダメな行動をする自分を自覚できていない

 

・分析もせずに、半分テキトーにエントリーしてしまった・・・」

・損切しないといけないけど・・切れない・・・」

 

こうした失敗をしてしまうのは、ダメな行動をしようとする「その瞬間」、自分を見失って、自分の心と体の状態を自覚できなくなっているからです。

 

問題を起こしてしまってから、「またやってしまった・・」と後悔する。

 

こういうことを繰り返していては、メンタルの悩みはいつまで経っても解消できません。

 

「自分を観察する力」を持つことで、失敗を防ぎやすくなる

 

もし「ダメな行動をしようとする自分」を、その瞬間キチンと自覚することが出来ていたらどうでしょう。

 

例えば、負けが連続していて、「一回の取引で全て取り返してやろう」と思い、「取引量を上げよう」と感じたとしましょう。

 

そのとき、「自分を観察する力」を持っていたらどうでしょうか?

 

心の中で「このパターンで何度も大負けしてきた。今回もそうなるはずだからやめておこう」と自覚することが出来、結果、感情的に新規ポジション建てを避けられる可能性が高まります。

 

こうして自分の感情に気づけることで、感情的に反応しそうになる自分に対して「待った」をかけるチャンスが生まれます。

 

これが出来るか、出来ないかで、FXトレードでの今後の収支も大きく変わってきます。

 

その瞬間、感情的になっていることに気づく

 

FXでの失敗の多くは、相場に値動きに対して、感情的な反応を取ってしまうことで起こります。

 

そうした感情的な反応を防ぐためには、その瞬間、自分が感情的になってしまっている事実に気づくことがまず必要です。

 

自分の感情にしっかりと気づくために、「自分を観察する力」というスキルが大変重要になってきます。

 

マインドフルネス瞑想によって「自分を観察する力」を鍛える

 

瞑想を行っている人は、目の前の出来事に対して、脳が「やばい」と焦ってしまうことが少なかったり、穏やかになったりする傾向があります。

 

そのためピンチの状況の中でも、理性的な判断が出来る余裕が生まれる為、「自分を観察する力」を発揮しやすくなります。

 

マインドフルネス瞑想には「自分を観察する力」を向上させる効果があるとともに、そもそも感情的にパニック状態になりづらくなると考えられます。

 

「ダメな行動」の瞬間を自覚して対応できるようになる

 

ここまでで説明したようにマインドフルネス瞑想によって「自分を観察する力」が向上することで、感情的なパニック状態に陥りづらくなります。

 

つまりマインドフルネス瞑想をすることで、自分が「ダメな行動」をしようとする瞬間にきづきやすくなり、自分の力で未来の行動を変えられる可能性が生まれます。

 

これが、マインドフルネス瞑想がFXにもたらす効果になります。

 

ぜひマインドフルネス瞑想を行って、投資家として「自分を観察する力」を向上させて、FXでの失敗パターンを客観視できるようにしましょう。

 

マインドフルネス瞑想のやり方

 

それでは、マインドフルネス瞑想のやり方をご紹介します。

 

1.その場で目を閉じて、静かに呼吸する。

2.呼吸に注意を向ける。

3.呼吸から注意がそれたら、また呼吸に注意を向け直す。

4.これを数分~数十分繰り返す。

 

とても簡単ですよね!

 

静かにジッとできる場所であれば、椅子に座っても、床に座ってもどちらでも構いません。

 

2番目の「呼吸に注意を向ける」というのは、具体的には鼻を抜ける空気の感じや、おなかや胸が動く感じに注意を向けるということです。

 

注意を向ける場所は「自分の体の状態」にするのがポイントです。

 

これを繰り返しているとすぐに注意がそれて、いろいろな考え事(悩み事や問題を思い浮かべること)をはじめたり、周囲の音に過敏に反応してしまったりします。

 

注意がそれたことに気づいたら、その時点で、またそっと注意を呼吸に向け直します。

 

こうやって一定時間穏やかに一点に注意を向けて過ごすのが、マインドフルネス瞑想の基本的な方法です。

 

まずは1分やってみよう!

 

「めんどくさい」とか「時間がもったいない」という方、1分だけで良いので是非やってみてください。

 

1分もジッとしていられないのであれば、今までそれだけ注意力が低かったり、注意散漫だったりする証拠です。

 

もし瞑想中に体がかゆくなったりしたら、「かゆみを感じている自分」を客観的に観察するようにして、また呼吸に注意を向け直しましょう。

 

その後は、2分・・3分・・と徐々に瞑想時間を伸ばしていきましょう。

 

効果が現れるのはいつ?

 

マインドフルネス瞑想の効果が現れ始める時期は、個人差がありますが、始めるのが早ければ瞑想のトータル時間が数時間を超えたあたりで、自分の感情の変化を自覚できるレベルに達します。

 

遅くても2~3週間毎日続けることが出来れば、自分の感情について「今日は穏やかだ」とか「ソワソワしている」と気づく機会が増えてきます。

 

相場の値動きを見て、「感情的になってしまっているな」と客観視できるようになりますので、その瞬間に同時に、「あ、今はマインドフルネス瞑想をしなくちゃ!」と一連の流れを自然に作れるようになれば、ダメな行動に歯止めをかけることが出来ます。

 

まとめ

 

メンタルの悩みを解決する為には、今の自分の感情に気づく力(観察力)が必要です。

 

マインドフルネス瞑想には「自分を観察する力」を高める効果があるので、マインドフルネス瞑想をマスターすることで、FXトレード中に自分の感情に気づくスキルが身に付きます。

 

その結果、感情的な行動をしたりパニック状態になる可能性が低くなるので、トレード結果の向上に繋がり、メンタルの悩み解決へと直結します。

 

マインドフルネス瞑想の基本的な方法は、静かに目を閉じて、呼吸などの「自分の体の状態」に注意を向け続けることです。