FX 負けトレーダーに共通する問題点とは?

FX 負けトレーダーに共通する問題点とは?

 

あなたはFXで負けてしまうトレーダーの特徴を知っていますか

 

「勝てるトレードをしたい」と日ごろから考えている人にとって今回の記事よりも必勝法などを教えてほしいと思っているかもしれません。

 

しかし負けトレードについて理解をすることは今後FXをトレードをする上でとても重要になってきます。

 

なぜなら、どうすれば負けてしまうかを理解することで負けてしまう行動を取らなくて済むようになるからです。

 

FXには「絶対」「確実」は存在しません。どんな手法やロジックでも思わぬ損失を生み出してしまう可能性を秘めています。また人によってトレード方法は異なる為、自分に適した勝てる方法を見つけることは簡単ではありません。

 

しかし一方でFXで負けてしまう行動には共通点があります。それらを理解することで避けられる負けトレードは格段に増えていきます。そうして負けるトレードを減らしていくことで自然と利益も増えていくことでしょう。

 

今回は負けトレードに共通する問題点をご紹介します。

 

感情でトレードしている

 

FXではメンタルが重要と言われているほどに、取引中に自分の感情をコントロールするのが難しいとされています。

 

特に連敗した時や大損した時には冷静さを失ってしますことがあります。これまでの損失をどこかで取り戻したいと心の底から思ってしまいます。

 

なぜ負けたのかを冷静に分析出来ずにトレードを繰り返したところでもちろん上手く取引できるはずがありません。

 

そんなときは闇雲にトレードを続けるのではなく、一旦相場から離れて気持ちをリフレッシュさせましょう。

 

関連記事:FX サンクコスト・コンコルド効果とは?為替相場に及ぼす影響

 

関連記事:FXで負けた時はメンタルが崩壊?!負けてしまった時の対処法と考え方まとめ

 

直感に頼ったトレードをしている

 

感覚にまかせたトレード程酷いものはありません。

 

相場は常に変動している為、一見するとエントリータイミングを見出すのが難しいものです。しかしそんな相場にも過去のチャートパターンやテクニカル分析を組み合わせることによって方向性を掴める可能性はあります。

 

それらを把握せずに感覚だけに頼ったトレードをするのであれば利益は頭打ちになってしまうことでしょう。

直感に頼ったトレードはギャンブルと同じです。取引する際には必ず自分なりの根拠を持ったトレードが出来るよう心掛けましょう。

 

関連記事:FX 情報収集のやり方と勉強効率を上げる為の方法

 

ポジションを持ちすぎている

 

早く利益を得たいのはFX取引をしている人なら誰でも同じです。

 

その為に沢山ポジションを持ったり、1つのポジションに対して大きく取引量を上げてみたり・・・。前者であれば「ポジポジ病」。後者であれば「資金管理」が問題です。

 

ポジポジ病だと理解していても心のどこかで「エントリーすれば勝てる」と思っている自分がいます。逆に言えばトレードしないと儲からないと思っているのです。

 

トレードするということは自分の大切な資金を相場にさらしているのと変わりありません。普通に考えれば負ける可能性もあるのですが、中々自分では合理的な判断をすることが出来ません。

 

資金管理にも繋がりますが、保有ポジションが多かったり、自分が耐えられる以上の取引量で取引していると管理が難しくなってしまいます。

 

目の前の相場が毎回チャンスに思えるかもしれませんが、ポジションを沢山増やしたり、取引量を上げたところで決して利益は増えません。

 

関連記事:FXのエントリー回数の頻度が多い?!実は少なければ少ないほど利益が残りやすい理由

 

関連記事:FXで借金を作らない為の資金管理術総まとめ

 

損切を甘く見ている

 

損切りすると損失になるという気持ちからその場凌ぎで含み損を確定しなかったり、ロスカットラインを伸ばしてみたりしてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

FXは損切が出来なければ継続して利益を残すことはまず出来ません。

 

相場は基本的にジグザグに動くのでもちろん損切を設定しなくても勝てるこもあります。しかしそのような方法で勝てたとしても、いつか大きな急騰・急落相場になった時に今までコツコツ貯めてきた利益が全て吹き飛んでしまう時が来てしまいます。

 

損切りとは損失を生み出す行為ではなく、自分の大切なお金を守るために設定する行為なのだと認識しましょう。

 

常にチャートを見ている

 

FXを始めたからには早く一人前になるためにたくさん勉強をしようと思うのは良いことです。実際私もそうでした。

しかし、常にトレードのことを考えていたり、チャートに向かっていては脳が疲労してしまいます。

 

プロトレーダーであっても24時間365日ずっとトレードをしているわけではありません。むしろプロトレーダーであればある程取り組む時間を絞って効率的に取引をしています。

 

「眠れぬほど株(ポジション)を持つな」という格言があるように、寝る間も惜しんで相場の動きを追っていても集中力が低下している状態では正しい判断が出来なくなってしまいます。

また、FX取引に取り組んでいる時間を「時給換算」したときに、割に合わないと感じてしまえば取引量を無理に上げてしまうことでしょう。

 

まずはトレードする時間を絞って、利益を上げながら時間を有意義に使える効率の良いポイントを探しましょう。

 

関連記事:FX 各市場の取引時間が丸わかり!各市場の特徴を覚えて取引に役立てよう

 

関連記事:FX 取引時間を意識してロンドン市場勢を味方につけよう!

 

まとめ

 

今回は負けトレードをしてしまう人の特徴についてご紹介しました。あなたのトレードに当てはまる点はありませんでしかた?

 

FXは勝てる方法を知っておくだけでなく、負けてしまう方法も知っておくことで、反面教師として取引に活かすことが出来ます。長年FXをしているのに利益が中々上がらないという方は一度、自分の取引スタイルを見直してみてはどうでしょうか。

 

関連記事:FX歴が長いのに勝てない?原因は経験が多いことにある