FX 取引時間を意識してロンドン市場勢を味方につけよう!

FX 取引時間を意識してロンドン市場勢を味方につけよう!

 

為替は世界中に市場があるため、平日は24時間値動きしていますが、相場が大きく動く時間とあまり動かない時間帯があります。

 

そのためFXでは相場が動く可能性の高い時間帯に取引を仕掛けることで効率的に利益を上げられます。

 

今回は、意識するべき時間帯をご紹介します。

 

ロンドン勢は二部に分かれて利益を狙う

 

日本時間の午前9時からの1時間は多くの場合、当日午前6時までのニューヨークタイムの流れの影響を受け、東京・アジア勢がそれぞれの思惑を持って取引をしてくる時間帯です。

 

ですので、この1時間の間にポジションが一方向に大きく偏る傾向があります。

 

それでも、東京タイムは買いが強ければ強いまま、売りが強ければ売りが強いままで、ロンドンタイムに突入しようとします。

 

これが、日本時間午後3時ごろです。

 

しかし、ロンドン勢は想像以上に甘くは無く、傾向として東京・アジア勢の期待に反して東京タイムに出来たポジションの逆を突いてきます。

 

なぜなら、ロンドン勢はデイトレ中心のトレーダーが多く、しかも東京・アジア勢の損切狙うことで利益を出そうとしているからです。

 

彼らの典型的なトレードスタイルは、ショートトレーダーの損切狙い(買い上げ)であり、東京・アジア勢がショートだと気づくと、東京・アジア勢が白旗を上げるまでひたすら買い続けます。

 

「我慢すればいい」と思うかもしれませんが、どんどんと買いがはいりますので、思わず怖くなって恐怖に駆られて含み損を決済してしまいます。

 

しかし、この買い上げにも実は終了時間があります。それは、日本時間午後8時前後です。

 

なぜなら、ニューヨークがオープンするのが午後9時ですので、その前には必ず利食いをしてきます。

 

つまりロンドン勢は二部に分かれて構成されており、午後3時から午後8時の東京時間対応型と午後9時から翌午前1時のニューヨークタイム時間対応型に分かれて、アジアの稼ぎはアジアタイムで、ニューヨークの稼ぎはニューヨークタイムで稼ごうとします。

 

なお、上記で紹介した時間は夏時間ですので、夏時間午前9時は冬時間であれば午後10時になりますので注意しておきましょう。

 

参考記事:FX サマータイム(夏時間)とは?冬時間との違いも紹介!

 

ニューヨークタイムは一方向に動く傾向がある

 

さて、ニューヨーク勢は日本時間午後9時に入ってきて、市場オープンから攻めてきますが、本格的に仕掛けてくるのは日本時間午後11時頃からです。この時間から一気に一方向への攻めが激しくなります。

 

そして、うまく波に乗れればニューヨーク市場のクローズである日本時間午後6時まで一方向の相場になることも珍しくありません。

 

もちろん午前3時のFOMC発表時などは一方向に偏ることは少ないですが、こうしたビッグイベントなどが無ければ、一方向の相場になりやすいと言えます。

 

したがって夜寝る前にポジションを建てるとして、朝起きて利食いしているということも決して珍しいことではありません。

 

ただし、相場に100%はありませんので優位性の高い取引を行うための一つの指標として頭に入れておきましょう。

 

取引時間を意識して取引する

 

こうした1日のマーケットの流れの中で、自分はどこの時間帯にいるかを把握し、新規ポジションを建てるのか、ポジションを持っているのであれば決済(利食い)したほうが良いのか判断しましょう。

 

東京市場参加者が失敗しやすいのは東京時間からの流れをロンドン勢がフォローしてくれると期待してしまい、そのままエントリーしてしまうことです。

 

東京時間からのポジションを引きずっていると、上記でも述べたようにロンドン勢の損切狩りにあってしまい、せっかく東京時間で含み益を膨らませていても、含み損になってしまうこともあり得ます。

 

戦略としては、「ロンドン勢は損切狩りをする」ことを念頭に置いておいて、ロンドン勢が参入してくる時間はポジションを持たず、彼らが買い上げる頃になったら「波に乗る」。

 

そして、「もう十分だな」と思える時が来たら、さっさと利食いしてしまいましょう。

 

まとめ

 

■取引時間を意識する

・ロンドン勢は「損切狩り」を行って利益をあげる

・ロンドン勢の「波に乗る」

・重要指標発表時は波に関係なく値動きが乱高下する為、ポジションを閉まっておく

 

いかがでしたか?

 

取引時間を意識することで、相場に優位性を持たせることが可能になります。

 

FXは24時間取引できますが、24時間取引できる理由は世界中の市場が時間を繋いでいるからです。

 

そのため、各市場の特徴を知っておくことで、利益を上げられるポイントを増やすことが出来ます。

 

取引をしていく上で、各市場のクセを覚えて、利益を効率よく上げられるようにしましょう。