FX レバレッジとは危険なのか?その利点と注意点を解説

FX レバレッジとは危険なのか?その利点と注意点を解説

 

レバレッジについて正しい知識を身に着けていますか?

 

レバレッジについて正しい知識が身についていない人が揃えて口にするのが、「FXでレバレッジをかけて使うのは危険だ!」と言います。

 

しかし、レバレッジはFXの最大の利点であり、うまく活用することで資産形成において有利に取引することが出来ます。

 

今回は、レバレッジについて正しい知識を身に着けてもらい、注意点も把握しておくことで健全な取引をしてもらおうという目的でご紹介します。

 

レバレッジとは?

 

レバレッジはFXの最大の魅力の一つであり、うまく使いこなすことで通常よりも早く何倍もの大きな利益を上げることが可能です。しかし、その分リスクも大きくなりますので、レバレッジを掛けたトレードを行う際はレバレッジについての正しい知識を身に着けておく必要があります。

 

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」です。

 

証拠金とは、証拠(担保)として預けているお金のことです。この証拠金にレバレッジを掛けることで手元に何倍もの資金があるかのようにして取引をすることが可能になります。

 

株式投資では、レバレッジは最大3.3ですが、FXでは国内証券会社で最大25倍まで掛けられる

 

投資に自己資本を元本として資金調達を行い、取引額を自己資金以上に引き上げることです。レバレッジを直訳すると「てこ」または「てこの原理」を訳されます。

 

レバレッジが使える理由

 

レバレッジ25倍という破格の取引ができる理由は、FX会社が証拠金を担保にトレーダーに「融資」をしているからです。

 

損失が発生した場合はFX会社が「損失分」を証拠金から差し引くことでレバレッジによる取引を可能にしています。

 

レバレッジを使った取引例

 

レバレッジを理解する為に一例をご紹介します。下記の表をご覧ください。

 

 

上の表は、100万円の証拠金でドル/円1ドル=100円の時(買い)ロングエントリーした時の取引例です。

 

レバレッジ1倍の際は、証拠金の金額がそのままの取引になりますから、購入可能なドルは最大1万ドルとなります。そして1ドル=101円に値上がりした場合は、1万円の利益となります。

 

このレバレッジ1倍が全ての取引の基準になりますので覚えておきましょう。

 

例えば、レバレッジ5倍の取引であれば購入可能ドルは5万ドルになりますので、101円に値上がりすれば利益額は5万円となります。

 

50000(購入額)×1(為替の値動き)=50000(損益)

 

さらに、102円に値上がりした場合は、10万円の利益となります。

 

50000(購入額)×2(為替の値動き)=100000(損益)

 

逆に、1ドル99円になれば5万円の損失となってしまいます。

 

計算についてもっと詳しく知りたい方はFX 通貨単位1Lot 1枚 1万通貨とは?1pips当たりの金額を参考にしてください。

 

通貨の値動きが激しくなればなるほどリスクも高まりますので、しっかりとレバレッジを把握して資金管理をしましょう。FX初心者が退場していく多くの理由のひとつに「ハイレバレッジ取引」のケースが散見されますので、自己資金を溶かして退場してしまう前にしっかりと確認しておきましょう。

 

おすすめのレバレッジ倍率

 

初心者であればあるほど、レバレッジは低いに越したことはありません。レバレッジを利用せず自己資金のみで(レバレッジ1倍)取引が可能な範囲で取引をすることが望ましいです。

 

しかし、自己資金が少ない方はレバレッジをある程度上げないと他国の通貨を買うことすらできませんので取引ができません。なので、自己資金が少ない方もある方も初心者の内はできるだけレバレッジ倍率「1」に近い数値で取引すると良いでしょう。

 

初心者の方は最大でもレバレッジ「10倍」までが許容範囲です。それ以上にレバレッジを掛けてしまうとリスクが大きくなってしまいますので注意しましょう。

 

「収益は気にせずFXを試してみたい」「余剰金でやるから資金は無くなっても良いからやってみたい!」という方は最大25倍のレバレッジを掛けて取引してみても問題はありません。レバレッジが多い分収益増加率も比例して高くなりますので、うまくいけば、元金の何倍ものお金を獲得することが可能です。

 

ただし、余剰金で無いお金などの低資本金でハイレバレッジ取引をすればロスカットのリスク(証拠金が少ない為)は非常に高まりますのでその点は十分注意しましょう。

 

ロスカットとは、強制決済を指します。FX会社ごとに基準が違いますが、証拠金の何%以下に証拠金維持率がなった場合、トレーダーの意思とは関係なしに強制的に損失決済されてしまいます。

 

日本国内のFX会社では法令で決められた最大25倍レバレッジが利用可能です。どの程度のレバレッジを掛けるかは、取引の状況やトレーダーの知識・スキルに応じて変わります。

 

そのため一概にレバレッジの倍率はいくらが良いといいきれませんが、「普段の取引は数倍程度」にして、勝負時のみ「10倍までに抑える」といった感じに工夫をしてみてください。

 

レバレッジは、取引で許容できる損失を証拠金の何%にするかで考えるとレバレッジの倍率が決めやすいです。

 

FX初心者であれば証拠金の1%を1トレードでの許容損失額にするのがおすすめです。

 

1%の許容損失額とは、100万円の証拠金(資金)であれば1万円が1%になります。仮に1円(100pips)逆行した場合に損切を行うと損失額は1万円となり、結果的にレバレッジ1倍になります。

 

基本的にFX上級トレーダーであっても証拠金に対する1トレードでの損失許容額は証拠金の5%ほどにしています。損切幅は一般的に証拠金の2~3%といわれるため、5%であってもリスクは高めです。5%であれば100万円の資金であれば5万円も失ってしまうリスクがあります。

 

FXでは「2%ルール」と呼ばれる資金管理法があります。

 

2%ルールについて詳しくはFX 2%ルールを使って資金を管理する力をつける!を参考にしてください。

 

レバレッジ1倍の取引とは?

 

レバレッジ1倍の運用となると外貨預金と実質同じと考える人も多いことでしょう。しかし、いかのような運用方法ができる点で、レバレッジ1倍の運用は外貨預金よりもメリットがあります。

 

売り取引から始めることが出来る

 

外貨預金ではできない「売り」からエントリーすることが出来ます。

 

俗に言う「空売り」です。

 

空売りを行うことで、通貨のレートが上昇するときのみでなく、レートが下がった場合にも利益を上げることが可能です。

 

外貨預金に比べ手数料が安い

 

外貨預金では買いと売りのレートの間に数円の手数料が含まれています。

 

しかし、FX取引では買いと売りのレートの間に1~2銭程度の手数料しかありませんので、取引にさほど影響しませんので、利益が出れば手数料の分だけ値上がり益をもらうことができます。

 

買いポジションの時ロスカットになるリスクが少なく、高金利を得ることが出来る

 

レバレッジ1倍だと買った外貨が大きく値下がりして含み損が大きくなってしまった場合でも、必要証拠金も外貨の値下がりと共に下がる為ロスカットになりません。

 

外貨預金感覚で持ち続けることが出来、尚且つ外貨預金と違い銀行に大きく金利手数料を取られずに済む上、外貨預金よりも高金利を受け取れるケースが多いです。

 

レバレッジをかける上での注意点

 

レバレッジは利益を大きくする反面、損失を拡大する性質をもっていることは理解していただけたかと思います。FX取引でレバレッジを掛ける上ではいくつか注意点がありますのでご紹介していきます。

 

含み損が出たケースも考えておく

 

ここまで、利益が出た場合で説明してきました。

 

ですが、FXでは「いくら儲けるか」より「いくら損失を抑えられるか」を求められます。

 

ドル円1ドル105円のレートで買い注文し、逆行して100円に下落したとします。

 

含み損はレバレッジに関係なく、5万円です。しかし、この時レバレッジ25倍とし、かつ5万円しか口座に入金していなかった場合、ロスカットラインを早い段階で超えてしまい、強制決済となってしまいます。

 

一方レバレッジを10倍にして30万円を入金していた場合はどうでしょうか。30万円を入金していた場合はロスカットラインには到達せず、まだポジションを保有できているはずです。

 

つまり必要保証金の多い少ないは、ロスカットの危険性と直結します。

 

レバレッジを高く設定すると必要保証金は少なくて済みますが、強制ロスカットの危険性が高くなります。しかし通貨ペアのレートが低いのであればある程度レバレッジを高めてもそれほど危険はありません。一番危険なのはレートの高い通貨ペアでハイレバレッジ取引を行うことです。

 

ですので、レバレッジを掛けて取引する際は、ロスカットの危険性も念頭において考える必要があります。

 

レバレッジは自分で設定できない

 

FX初心者の方は取引をするときにレバレッジを何倍にするか自分で選択できると勘違いしている方もいますが、実際に多くの証券会社はレバレッジ倍率をトレーダー自身が設定することはできません。

 

通常は下記の計算式で自動的に決定されます。

 

レバレッジ倍率=現在の取引レート×取引数量÷証拠金残高

 

レバレッジを調整する為には、取引数量と証拠金残高のバランスを考える必要があります。

 

次の章からご紹介します。

 

ストップロス(自動損切)を注文する

 

ストップロスはFXトレードにおいて必ず必要になってきます。

 

ストップロスとは、想定以上に含み損が出た場合に、自動的に損切をする注文を入れることを指します。逆指値注文ストップ注文とも言われます。

 

レバレッジを掛けたトレードでストップロスを置かないでいると、ロスカットにかかってしまうなど、非常にリスクが高くなってしまいますので必ず設定するようにしましょう。

 

ストップロスの設定方法はFX 損切りの3つの基本目安とは?を参考にしてください。

 

たとえ少額しか口座に入金していない場合でも油断禁物です。ストップロス注文が出来ないと、たとえ今まで利益を上げられて来たとしていても、1回のトレードで全ての利益を吹っ飛ばしてしまい兼ねません。

 

トレーダーの予想とは逆に相場が動くことはよくあります。大切な資産を守る為にストップロスを常に活用して取引を行うことでリスク管理を徹底しましょう。

 

通貨別にレバレッジを考える

 

取引通貨別で同じレバレッジにした場合のケースを考えてみましょう。

 

例えば、豪ドル円レート72円(2019年10月現在)・レバレッジ25倍・枚数を1万通貨で計算すると必要保障金(レート×通貨単位掛ける枚数/25)は28800円となります。

 

必要保証金とは、取引証拠金のことで、ドル円などの通貨ペアポジションを保有するときに必要な金額のことを指します。上記の場合、28800円を担保として、ドル円1万通貨72万円を買っていることになります。

 

つぎに、豪ドルよりレートの高いドル円で計算してみましょう。1ドル=105円の場合、同様の枚数とレバレッジで計算すると42000円必要になります。豪ドル円の数倍の証拠金が必要になります。

 

必要証拠金が理解できたところで、次にレバレッジとの関連性を見てみましょう。ドル円はレバレッジ25倍にすると42000円必要証拠金が必要ですが、レバレッジを10倍にすると必要証拠金は105000円必要になってしまいます。

 

つまり、レバレッジを高くすれば必要保障金は少なくて済み、レバレッジを低く設定すればそれだけ多くの必要保証金が必要になるということです。

 

そして、この必要証拠金の金額は口座に入金する必要のある金額に直結します。自分でFX 投資に使える資金とのバランスを考えるという意味でも、レバレッジをいくらにするか決めるのは非常に大切になってきます。

 

通貨の変動幅を考えてトレードする

 

トレードをする際にドル/円のみをトレードをするのであれば、つうかの変動幅をそれほど気にする必要はありません。しかし、様々な通貨ペアのトレードをしている場合、各通貨の変動幅に注意が必要です

 

例えば、ドル/円の場合、1円幅は簡単に損切となる値幅ではありませんが、ポンド/円などの通貨では値動きが激しい為1円の損切幅ではすぐに損切となってしまう可能性があります。

 

そのため、取引する通貨ペアに対して「レバレッジ」「損切幅」を個別に考える必要があります。

 

・値動きが激しい通貨は損切幅を広めに

・値動きが緩やかな通貨は損切幅を狭く

 

まとめ

 

レバレッジはとても便利な仕組みではありますが、使い方によってはとても「危険」な仕組みとなります。

 

これが、「レバレッジを掛けた取引は危険」とされる所以です。

 

ですが、うまく運用すれば効率よく資産を増やすことが出来ます。

 

この記事を参考に十分にレバレッジ利点リスクを考え、上手な資金管理のできるトレーダーになって頂けると幸いです。