FX 負けた時に負け続けてやめたい!と思ったときの対処法

FX 負け続けてやめたい!と思ったときの対処法

 

「最近負け続けているので、FXをやめようと思ってます」といったメールを、読者の方からいただきました。

 

る今回は連敗した時の正しい対処法についてご紹介ていきます。

 

思い切ってやめてみる!

 

FX取引で負け続けている場合、一旦相場から離れましょう!

 

なぜなら、想定を超えた連敗が続いているときは、正しいトレード判断出来ず、何かがおかしくなっているからです。

 

例えば、

 

・連敗してメンタル的に弱ってしまい、普段はやらないことをやっている

・自分のトレード手法が、相場環境に合わなくなってしまっている

・知らない間に、マイルールを破ってしまっている

 

上記のような場合に、連敗したからと言って焦ってしまっては、一気に損を取り返そうとして”必ず”大失敗します。

 

なのでまず取引をやめて、思い切って相場から離れてみましょう。

 

連敗すると次は勝てる気がしている

 

FXは確率的には上がるか・下がるかなので2分の1ですので、連敗が続くと人間は「次こそは勝てる!」と何の根拠もない期待をしてしまう傾向にあります。

 

例えばコイントスで裏が3回続いたら、「次は表が出るはず」と思いませんか?

 

確率的には裏表ともに同じ50%のはずですが、裏が出る確率が30%に下がったと言わんばかりに、脳では考えてしまっています。

 

つまり「長い連敗の後は勝つ可能性が高い」と、人間は無意識に思い込んでしまうのです。

 

これは心理学用語で、「ギャンブラーの錯誤」と言います。

 

しかし残念ながら、現実には思ったことと逆のことが起こってしまいます。

 

上記で述べたように、想定を超えた連敗は何かがおかしいはずなので、そのままムキになって取引を続けても傷口を広げてしまうだけです。

 

失ったお金を基に戻すには、失ったときの何倍ものエネルギーと時間が必要になるので注意しておきましょう。

 

FX取引は「買う・売る」以外に「待つ」のも取引の一環です。

 

連敗の原因を探す

 

それでは取引をやめて何をすればいいのか?

 

それは、「問題の原因を探り、改善策を見つける」ことです!

 

1度相場から離れることにより、相場を客観視することが出来、今まで見えてこなかった部分や、自分のトレードの悪いところが見つけられます。

 

例えば

 

・使っている手法が悪い

・リスク管理が出来ていない

・ファンダメンタル分析が出来ていない

 

など、トレードの悪いところは人それぞれあると思います。

 

そのポイントをしっかり探し、解決するためにはどうしたら良いのかをしっかり考える時間を作りましょう。

 

「ポジションを持っている間、時間が空いたからFXの勉強をしよう」と思っても、その時持っているポジションが気になって勉強に中々集中できません。

 

なので、連敗してしまっているときは相場を離れる良いチャンスです。

 

取引量を減らして再開する

 

連敗の原因を探り、改善策を見つけたら次のステップです!

 

取引量を大幅に落とした上で、FX取引を再開しましょう!

 

できれば、最小単位(1000通貨)くらいが良いですね。(自身の資金にもよります)

 

このとき、必要なのは「いくら稼いだ」よりも「どれくらい通用するか」がポイントになってきます。

 

とにかく、マイルールを通りに取引を行えるか?負けたとしても精神的に気持ちがブレないか?をしっかり確認しましょう。

 

人はリスクレベルを下げると緊張が和らぎます。

 

精神論で負けてしまっている方は特におすすめの方法です。

 

もちろんデモトレードでも良いですが、多少のお金がかかっていないと、リスク0ではメンタル面の介入が皆無に等しくなってしまうため、最小単位くらいで取引を出来るのがベストです。

 

徐々に、”勝ちグセ”が身についてきたら、だんだん取引量を上げていき、本来の水準にすることが望ましいです。

 

FXは負けて当たり前

 

インスタグラムやツイッターで「FXトレード」と検索すると、「月収100万円!」「1年で3億円稼ぎました!」など見かけますが

 

そういった人達の、「FXは簡単!」とか「必勝法で必ず勝てる」的な投稿を見て、「なんで自分は勝てないんだろう・・・」と悲観的になってしまっていませんか?

 

安心してください。そこに書いてあることは全てウソです。

 

FX取引はとても難しいです。

 

本当に稼いでいるプロトレーダーのツイッターなどを見たことがあればわかると思いますが、「FXは簡単」とか「必勝法がある」などといった投稿は見たことがありません。

 

逆に、「FXは難しい」「必勝法なんてない」と言ったツイートの方が多いのではないでしょうか。

 

プロトレーダーでも最初は、あなたと同じ初心者です。

 

長い時間をかけて、やっとたどり着いた境地なのです。

 

誰でも簡単に勝てるようであれば、プロトレーダーは誰でもなれてしまいます。

 

私が言いたいのは、「プロトレーダーでも苦労している」ということです。

 

それなのに、FX初心者の方がすぐに利益を上げられる程、FXは甘くありません。

 

何度も負け、何度もロスカットになり、退場も経験したりして、反省を繰り返すことで土台が出来てくることで、やっと資産を築くことが出来るようになります。

 

向かい続ければ報われる

 

人は困難に立ち向かっているとき、最高のパフォーマンスを出すことが出来ます。

 

困難に立ち向かって初めて知恵が生まれ、自分の思考や技術を改善するキッカケを発見できます。

 

自分がFX取引に全精力を注げられるのであれば、必ず報われる日が来ます。

 

最初はもちろん、ミスを次々と起こしてしまいます。

 

しかし同じミスを繰り返さなければいいのです。ミスもネタ切れするので、最終的には利益を上げられるようになっていきます。

 

「百聞は一見に如かず」という言葉があるように、挑戦せずに見ているよりは、実際やってみることで得られる発見が多く、その中で自分なりに改善していくことで、一人前のトレーダーになることが出来ます。

 

まとめ

 

FXトレードで負け続けている場合、ひとまず取引をやめて相場から離れましょう。

 

そして連敗の原因を探り、改善策を見つけることに集中しましょう。

 

改善策を見つけることが出来たら、取引量を下げて、相場に通用するか挑戦してみてください。