FX GDPとは?注目されている重要指標の影響とは?

FX GDPとは?注目されている重要指標の影響とは?

 

GDPという言葉を知っていますか?

 

「GDP」とは、その国々の経済力の強さを表しているので、経済力が強ければ通貨高に繋がります。

 

今回は、GDPについて詳しくご紹介します。

 

GDPとは?

 

GDPとはGross Domestic Productの略で「国内総生産」のことを指します。

 

「国内で1年間に新しく生み出された生産物やサービスの金額の総和」のことです。

 

簡潔に説明すると、「国内でどれだけ新たにお金を生み出したか?」の指標と考えていただければ問題ありません。現在の各国の経済力を表す指標がこのGDPだと考えられています。

 

日本の場合、国内総生産の大半を占めているのが、日本で生活する人々が日常的に行う「消費」と国内にある企業が行う「投資」の合計金額である「民需」です。

 

「民需」に加え、政府が使ったお金である「政府支出」と輸出額から輸入額を差し引いた「貿易収入」を合計した金額がGDP(国内総生産)となります。

 

GDPには、価格変動を含めた「名目GDP」。産出量の変化のみを考慮した「実質GDP」があります。

 

「名目GDP」とは、そのままの金額で算出したGDPになりますので、貨幣の価値は毎年変化してしまうため、他の年のGDPと比較するときに、名目GDPのみでは正確な成長率が把握できません。

 

そこで、対象となる期間のGDPを同じ時期の貨幣価値に変換することで正確な成長率の測定が出来るようになるのが「実質GDP」です。

 

物価影響を受けない「実質GDP」が基本的には最も良く表されていると考えられていますので、基本的にその国の成長率を指す場合、「実質GDP」を指しています。

 

ですので、その1年間のGDPの値を他国と比較する場合は「名目GDP」が過去と比較してどれくらい成長しているかを正確に知りたい場合、「実質GDP」を見る必要があります。

 

さらに深堀した内容をとても分かりやすいように次の章で説明します。

 

GDPは各国によって発表形式が異なっており、例えば

 

日本:第一次速報、第二次速報

米国:速報値、改定値、確報値

 

というように分けられて発表されています。

 

GDPの中身を見てみよう

 

GDPとは「国内で1年間に新しく生み出された生産物やサービスの金額の総和」ですので、もっと簡単に言うと「国内の人が国内で儲けたトータルの金額」と言い換えることが出来ます。

 

例えば日本で考えると、日本国内だけでも様々な仕事があり、日々儲けを生んでいます。

 

その全員が稼いだ金額の合計がGDPになります。

 

それではGDPとは具体的に何を指しているのか?見ていきましょう

 

分かりやすいようにラーメン屋を始めたとして考えていきます。

 

※家賃・従業員コスト・その他雑費は含みません。

 

ラーメンを作るうえで麺が無いと始まりませんので、まず一杯作るために必要な麺の金額が100円としましょう。

 

他にもメンマやチャーシューなどのトッピング代が200円とします。

 

完成したラーメンをサービス料500円を上乗せした、一杯800円で販売することにしました。

 

 

これがGDPの縮図です。

 

GDPは「日本人が日本で儲けたトータルの金額」でした。なので800円儲けたのであればGDPは800円となります。

 

仮に、麺が国産ではなく外国産を使っている場合、GDPは700円になります。

 

日本国内で生み出されたもののみがGDPに計上されますので、外国産であれば取り除く必要があります。

 

見たままが「名目GDP」、物価上昇を考慮するのが「実質GDP」

 

それでは、ここから「名目GDP」「実質GDP」について深堀して分かりやすいように上記で説明したラーメンを例に考えていきましょう。

 

1年目はラーメン一杯800円を100個販売できたとしましょう。つまりGDPは80000円ですね。

 

「2年目はもっと利益を増やすぞ!」と意気込んだ矢先に、問題が発生してしまいます。

 

天候の影響により小麦の価格が上昇してしまい、麺が100円だったのが200円に上がってしまいました。

 

コストを抑える為に他の安い麺に切り替えることも考えましたが、「このラーメンにはこの麺だから売れる」という確信があったので、他に切り替えることは考えられませんでした。

 

そしてその値上げ分を販売価格に上乗せしました。

 

つまり一杯800円のラーメンを900円で販売することにしました。

 

 

しかし、「値上げしたら食べに来てくれる人が減るのではないか・・?」という不安がありましたが、不安とは裏腹にラーメンは売れて去年同様、100杯販売することに成功しました。

 

つまり儲けは900円×100杯となるので90000円となります。

 

このラーメン屋はGDPを80000円から90000円に上げることに成功させました。

 

しかし、ここで注意しなければならない点があります。

 

売上が上がったのは「物価が上がったから」であり、”サービス料”は変わっていませんのであなたの儲け部分は増えていませんよね?

 

ここで出てくるのが「名目GDP」「実質GDP」です。

 

「名目GDP」とは、その名の通り見たままの数字を使います。

つまり、この見たままの数字の90000円が2年目の「名目GDP」になります。

 

しかし、実際は売り上げが上がったのは物価上昇が原因であり、売り上げた数も100杯と前年と同じで変わっていません。これを考慮したのが「実質GDP」になります。

 

「実質GDP」は「名目GDP」とは違い、実際に売った数(100杯)に注目します。

 

つまり実際のところ物価上昇の100円分を除いた数字である80000円が2年目の「実質GDP」となります。

 

名目GDPだけでは経済成長を見ることはできない

 

上記で説明したように「名目GDP」だけでは物価の上昇も経済が成長したとして計上してしまうため、正しい成長率をすることが出来ません。

 

よって一般的にGDPがいくら上がった・・なんて、ニュースがある時には物価上昇を除いた「実質GDP」で伝えられるのが一般的です。

 

また、上記のケースで物価上昇が原因で実質GDPと名目GDPに差が生まれました。

 

物価上昇、つまりインフレの場合には実質GDP<名目GDPとなり、物価下落(デフレ)の場合は実質GDP>名目GDPの関係性になります。

 

このように実質GDPと名目GDPを使い、インフレなのかデフレなのかを計ることが出来ます。

 

GDPとFXの関係

 

それではGDPとFXにはどのような関係があるのでしょうか?

 

GDPとは国内で生み出されたモノやサービスの付加価値を合計したものです。

 

GDPが高ければその国の経済力は強い!と判断され、低ければその国の経済力は弱いと判断されますので、GDPの成長率は為替に大きな影響を与えます。

 

GDPの高い国の通貨は通貨高になります。つまり理論上、日本のGDPが上昇した場合、為替は円高になります。

GDPの低い国の通貨は通貨安になります。つまり理論上、日本のGDPが下降した場合、為替は円安になります。

 

それでは、GDPが高いとなぜ通貨は買われるのでしょうか?

 

①GDPが高い=内需が好調で好景気であると考えられる。

②景気が良くなりすぎると中央銀行が金融引き締めの為利上げをするかもしれない。

③利上げすると通貨が買われて価値が高くなる。もちろん「利上げするかもしれない」でも通貨高になる。

 

GDPが低い場合は、これとは逆のことが起こり、通貨が売られます。

 

GDPも他の指標と同じく、予想と結果の差により値動きの幅が決まってきますので「サプライズ」的な動きがあれば、それだけ大きい値動きとなります。

 

経済指標の値動きについてはFX 経済指標に注目!為替を動かす要因とは?を参考にしてください。

 

まとめ

 

■GDP

・GDPとは「国内で1年間に新しく生み出された生産物やサービスの金額の総和」

・GDPは「名目GDP」と「実質GDP」に分けられる

・一般的に「実質GDP」が重要視されている。

 

今回学習した内容を今後のファンダメンタルズ分析にお役立てください。