FX ポジポジ病から塩漬けで大損!資金の大半を3日で失った失敗談

FX ポジポジ病から塩漬けで大損!資金の大半を3日で失った失敗談

 

わたしが損失を被った8割は塩漬けポジションによるものでした。

1取引3日間で50万円損失したこともあります。

 

わたしは、一回の損失額は2万円までと決めていたのですが、損失がずるずる増えていくうちに

取引量を増やして一気に取り戻そうと考えたのです。

 

1回の取引を2万円から20万円にしたのです。

 

さっそく、注文して仕事に向かい昼休みに見てみると、損失が5万円でていました。

 

それだけでも今までの取引の10倍でしているので中々冷や汗が止まらなかったですが、

20万円まで損失がまだ残っているので大丈夫と思い仕事に戻りました。

 

その後1週間をかけてチャートは上がったり下がったりし、結果的に19万円の含み損という形になっていました。

 

そこであきらめて決済してしまえばいいところを、私は目の前にある自分の毎月の給料より多い

その数字が一瞬でなくなることが怖くて、インターネットバンキングを使いプラス10万円を保証金として

入金してしまいました。

 

最悪のパターンです。

こうなったら、止めることはできずロスカットに近づくたびに入金を繰り返し、保証金を増やし、強制決済を

回避することにしたのです。

 

結果、追加証拠金を準備できない状況まで来てしまい、強制ロスカットされてしまいました。

 

私は、その結果を仕事が終わり、車を置いている駐車場に向かうまでに見てしまい。

 

見た瞬間に足から崩れ落ちました・・・

 

車を運転して帰ったのですが、もうそれどころではなく自分の給料の約3か月分が一瞬でなくなったという

現実を受け入れられず、気づいたら家の駐車場についていました。

 

その日から私は何もかも失ったかのように、魂はそこにありませんでした。

 

遊んでいても楽しくない、仕事も全力でできない

FXとは目の前の取引のみならず、生活をも変えてしまう可能性もあります。

 

ですが、やってしまったのは自分の責任です。

逆に、私が1年で被った損失120万円が反対のやり方でやっていたら、

120万円でわたしは遊びまくっていたことでしょう。

 

それを考えれば高くはつきましたが、良い勉強代となりました。

FXをやるときは自分の計画をしっかり立てて無理のない取引と、

生活に支障をきたさない範囲(余ったお金でやる)で取引することが

重要です。結果は全て自己責任ですので・・・

One thought to “FX ポジポジ病から塩漬けで大損!資金の大半を3日で失った失敗談”

Leave a Reply

Your email address will not be published.