FX フラクタルとは?使い方を知って短期・長期取引に活用して利益を上げる方法

FX フラクタルとは?使い方を知って短期・長期取引に活用して利益を上げる方法

 

FX 相場をフラクタルで考える!

 

そもそもフラクタルとはなんなのでしょう?

フラクタルの具体的な例としては、海岸線の形などが挙げられる。一般的な図形は複雑に入り組んだ形状をしていても、拡大するに従ってその細部は変化が少なくなり、滑らかな形状になっていく。これに対して海岸線は、どれだけ拡大しても同じように複雑に入り組んだ形状が現れる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

 

「フラクタルとは」の画像検索結果

ニコニコ大百科(仮)より引用

 

つまりどういうことかというと、大きなものの中にある小さなものは同じ形をしているということです。

相場で考えてみると、1時間足を100%倍率でみたときと5分足を100%倍率でみたときには同じ形をしているということなのです。

 

実際トレーダーによって違いはあると思いますが、大体の方は小さい脚は拡大して

大きい脚になるほど引いてみているのではないでしょうか。

 

一度、証券会社の取引ツールを見てみてください。

手法の勉強をするときにラインやダウ理論の勉強を始めにすると思うのですが、どのサイトも1時間足で使ってくださいや

30分足で使ってくださいなど書いてないですよね?(短期取引・長期取引によって手法そのものの使い方が違う場合もある)

 

それは、どの足でもこのフラクタルで考えられるため、どの時間足でも同じということです。

 

フラクタルとは大きく見ても・小さく見ても同じというのはお分かり頂けたかと思います。

ですが、短期取引・長期取引での活用方法を見ていきましょう。

 

フラクタルを活かして有利な立場に立つ

 

フラクタルはとても役に立ちます。

というのも、何分足で相場をみているかは、トレーダーによって違うと思います。

ですが、フラクタルという特性を逆手にとって有利な立場にたつことができます。

 

それは、5分足と1時間足等二つの時間足のもみ合っているところは反発の可能性大!

ということです。

 

5分足だけを見ている人、1時間足だけを見ている人はそれぞれひとつの足の反発ラインしかみていないので

確証がもてません。

 

しかし、二つの足をみているトレーダー(フラクタルの考えを持っている)からすれば、それは

5分足を見ているトレーダーと1時間足を見ているトレーダーをそれぞれ仲間にすることが出来ます。

 

もちろん、5分足1時間足さらに30分足でも何度も反発しているラインに各時間足に同じラインが引けるのであれば

さらに勝率の高い取引になることは分って頂けると思います。

 

私も、必ず毎回チェックする内容で長いことお世話になっている手法の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.