FX アメリカのFOMCとは?相場に与える影響とは!

FX アメリカのFOMCとは?相場に与える影響とは!

 

FOMCとは(Federal Open Market Committee)の略称で、連邦公開市場委員会を指します。

 

日本における「日銀金融政策決定会合」やEUにおける「ECB政策理事会」にあたります。

 

会合や金融政策と言った言葉を聞くとどうしても耳をふさぎたくなる方もいます。

 

しかし、FX取引をしているトレーダーにとって為替レートが大きく変動する可能性があり、短期から長期ポジションを保有しているトレーダーも必ず目を通す程とても重要な指標の一つですので必ず知っておく必要があります。

 

今回は、そんな重要な経済指標の一つであるFOMC がどういったものなのか解説していきます。

 

今まで重要だという意識はあるものの「なかなか勉強する気にならなかった」方や、「そもそもFOMCを知らない」方は、これを機にFOMCがどういったものなのか理解しておきましょう。

 

FOMCとは米国の金融政策を決定する会合

 

FOMCとは米国の金融政策を決定する会合のことであり、年8回開催されます。

 

現在の景況判断政策金利「フェデラルファンドレート(FF金利)」の上げ下げなどの方針が発表され、その結果が市場の結果と大きく違った場合には為替レートが大きく変動する可能性があります。

 

経済指標の予想との差で生まれる急激な為替変動について詳しくはFX 経済指標に注目!為替を動かす要因とは?を参考にしてください。

 

金融政策が変更になった時、為替変動に大きく影響します。

 

しかも全通貨で値動きします。

 

市場予想通りの予想になることもありますが、毎回そうとは限りませんので必ず見ておかなければいけません。

 

これもやはり予想と結果のギャップの「サプライズ」に注目することが必要です。

 

ここで大切なのは金利の変更はもちろん、プロが毎回注目しているFOMC政策金利発表後の声明文です。

 

1枚のサマリー(概要)が出てきて、毎回の結果とともにそこに至った経緯、誰が賛成していて反対したかなどが書かれています。

 

市場参加者(トレーダー)たちはそこから次の展開(為替変動)を予測するわけです。

 

FOMC政策金利の金利設定理由が公表される

 

声明文には個人消費・住宅・雇用・そして結果に対する判断材料などすべてが書かれています。

 

その中でも注目しておきたいのが「キーフレーズ」です。

 

例えば、現在と違い数年前のアメリカは低金利が続いていた際に、ほぼ毎回のように「長期間にわたり異例の低金利を正当化」というフレーズが頻繁に出現していました。

 

これを投資家達が読むと、「金利はまだまだ据え置かれるだろうな」と予測することが出来ますし、声明文で「あとしばらくの間」などのフレーズに変化があると要注意です。

 

つまりいつもと違う報告内容(キーフレーズ)を重点的に確認しておきましょう。

 

プロはキーフレーズの違いから次回のFOMCの予想を立てます。

 

世の中に出回るお金の量を調整して経済を円滑にする政策

 

ここでFRBについてご紹介します。

 

FRBとは(The Federal reserve Board)の略で、日本における日銀と同じでアメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関を指します。

 

日本語で「連邦準備理事会」とも呼ばれています。

 

連邦準備理事会は7名の理事から構成されていて、FRBが開く金融政策の最高意思決定機関に連邦公開市場委員会(FOMC)があり、FRBの理事7名や地区ごとの連邦準備銀行(FRB)総裁5名で構成されていて、アメリカの金融政策やFFレートの金利誘導目標を決定しています。

 

FRBには2つのビッグタイトルが与えられています。

 

1.インフラの制御

2.雇用の最大化

 

当たり前の話になりますが、これは相反するものになります。

 

インフレとは物価が上がる(通貨の価値が下がる)ことであり、景気が良いのは素晴らしいことですが、物価が上がりすぎるのはよくありません。そのため、FRBは物価を安定させようとします。

 

しかし好景気によるインフレの制御をしようとすると発生する問題が、雇用が抑えられるというポイントです。

 

それらのバランスを考えることがFRBの役割で、その手段として金利の調整を行っています。

 

インフレの際には金利を上げておき、お金を借りにくくして、逆にデフレの際には金利を下げて「たくさんお金を借りてお金を使ってもらおう」という状態にしています。

 

景気をコントロールする政策金利は最も重要な指標

 

政策金利は各国それぞれ違います。

 

景気の良い国は金利が高くなります。金利を見れば、その国の経済状況がある程度わかります。

 

各国がそれぞれの金融政策によって、経済を「良い状態に安定させよう」と考えています。

 

そして、国によって金融政策の特徴は変わっており、アメリカは「景気を良くしたいがインフレは抑えたい」と考えるバランスタイプ。これに対して欧州は「インフレ制御」を重視しています。

 

なぜなら、第一次世界大戦でハイパーインフレを経験しているからです。

 

ちなみに日本は伝統的に景気重視タイプになります。

 

金融政策とは何をするのか?

 

国の経済政策には「金融政策」「財政政策」の二つがあります。

 

「財政政策」は政府が行うもので、税金を減らしたり公共事業を増やすことで景気回復を期待しています。

 

「金融政策」とは中央銀行が不況時に金利を下げたり、お金の量を増やして景気回復を期待します。バブルの時には当然逆になりますが、金融政策の目的は国全体のお金のバランスを操作して景気のコントロールをすることになります。

 

なぜ金利が変わらなくても為替変動が起こるのか?

 

金利発表後は為替レートが変動します。

 

この理由は金利水準に変化が無くても、発表時の声明内容などに細かい変更点があり、その後の金融政策の予測が変化する為です。

 

世界の投資家達がFOMCに注目しているように、あなたも発表声明された内容と予測データに目を通して長期保有など安定して資産の構築が出来るように経済のことがわかる投資家になりましょう。

 

FOMCで投資家はどこに注目している?

 

FOMCが発表される際に、世界中の投資家は大きく分けて3つの事柄に注目しています。

 

1.金利の結果

2.キーフレーズ

3.反対意見者の数

 

上記3つに注目し、発表後はどのように値動きが動くのかを予測しています。

 

それでは、1つずつ説明してきましょう。

 

金利の結果

 

FOMCの発表では、金利の結果に注目が集まります。

 

事前に「金融政策の変更があるのでは?」という予測が高まっていた場合にはなおさらで、1週間前あたりから市場予測値が出てきます。

 

場合によっては景気緩和など金利以外にも注目すべき時もあります。

 

キーフレーズ

 

既にマーケットが利上げ、または利下げを実施し、尚且つどれぐらいの利上げ・利下げになるのか、その値幅まで織り込んでいる場合には、利上げ・利下げという結果だけでは為替レートは変動しません。

 

そういった場合でも、「声明文」には注目が集まります。

 

声明文には「キーフレーズ」があります。例えば、2009年3月に発表された声明文では、金利は「しばらく」低水準を保持という表記がありましたが、翌月4月に発表された声明文では「長期にわたり」低金利政策が妥当という変更がありました。

 

この声明文により、「おそらくこの先、政策金利は当分低いまま据え置かれるだろう」と市場参加者は読み解きます。実際にその後も毎回「長期にわたり」低水準を維持という文言が声明文に出てきています。

 

もし、「長期にわたり」が「もうしばらく」と言ったぐらいに変われば「そろそろ利上げも視野に入ったかな?」と予測できます。もちろん変わった時には為替変動に影響します。

 

つまり声明文から次のFOMCを見通します。

 

キーフレーズに注目して、アメリカの今後の金融政策の方向性を探っていきます。

 

反対意見者の数

 

FOMCの参加者はFRBの議長を含む7名の理事とNY連銀総裁1名、地区連銀総裁4名の合計12名です。毎回、ほぼ全会一致で議長の提案が可決されますが、たまに反対意見者も出てきます。

 

先程の「低金利の長期化がゆがみを生む」として金利の据え置きに反対している連合総裁もいます。

 

このようにFOMCでは必ずしも全会一致というわけではなく、別の見通しで反対意見者が出ることもあり、12名で行うFOMCで反対意見者の意見の意図をしっかり確認することは、今後の展開のためにかなり重要になりますので、見逃すことが無いようチェックしておきましょう。

 

まとめ

 

経済というのは複雑で難しく感じますが、1つずつ紐解いていくとだんだん理解できるようになってきます。

 

FRBは日本でいう日銀、FOMCの声明は日銀総裁が金融政策を発表します。

 

今回ご紹介したFOMCは、全通貨に影響を及ぼす経済要因であり、投資家であれば必ず目を通す判断材料の1つです。このような経済要因を基に値動きを予測することをファンダメンタルズ分析と呼びますが、ファンダメンタルズを正しく行える投資家は非常に少ないです。

 

それは金融的な教育がなされていない日本では当たり前かもしれませんが、今後FXで長期的に資産を築いていくのであれば、必ず学習しておきましょう。

 

FOMCに限らず、経済指標を理解していき、景気やお金の動きを見ることでテクニカル分析と組み合わせ、継続・安定が図れる取引が出来るような投資家になりましょう。