FX フラッシュクラッシュに気を付けろ!急変動・暴落から資金を守る方法は?

FX フラッシュクラッシュに気を付けろ!急変動・暴落から資金を守る方法は?

 

昨年2019年1月3日(三が日)長期休暇でゆっくり過ごしている人が多い中で、為替相場に急変動が生じました。

 

このような「相場の急変動」のことを「フラッシュクラッシュ」と呼びます。なぜフラッシュクラッシュは発生するのか?どのようにすれば資金を守ることができるのか?について今回はご紹介します。

 

FXのフラッシュクラッシュとは?

 

フラッシュクラッシュという言葉を聞いたことがありますか?

 

フラッシュクラッシュとは為替相場が急変動することを指します。

 

それまで安定的に変動していたにも関わらず、相場が急に暴騰・暴落するため、ロスカットが間に合わず大きな損失を抱えてしまう人が増えていしまいます。

 

通常時はロスカットによって証拠金以上の損失が生じることはありませんが、フラッシュクラッシュではロスカットが上手く作動せず証拠金以上の損失が生じることがあります。(ロスカット等未収金と呼ぶ)

 

2019年1月3日のフラッシュクラッシュでは、一般社団法人金融先物取引業協会が約6500件の個人が約8億円のロスカット等未収金が生じたというデータを公表しています。

 

証拠金以上の損失が出てしまった場合も、フラッシュクラッシュに関係無く、FX業者に支払わなければなりません。

 

昨年のフラッシュクラッシュ時は損失合計約8億円であるため、これをきっかけにFXの取引から撤退する・借金を作ってしまうという人が多くいたと思います。

 

フラッシュクラッシュが発生する原因

 

フラッシュクラッシュが発生する原因は主に3つあります。

 

・ストップロス

・自動売買による取引

・強制ロスカット

 

それぞれの原因について見ていきましょう。

 

ストップロス

 

ストップロスとは自分の予想とは異なる為替変動が生じても、損失を限定的にするためにあらかじめ設定しておく「損切ライン」のことを指します。

 

急な為替変動時は1つのストップロスが次のストップロスへと繋がり、次々と同方向に決済が重なり、大きな変動を生み出します。

 

その結果としてフラッシュクラッシュを発生させてしまします。

 

自動売買による取引

 

インターネット普及によりオンライン取引が当たり前になりましたが、最近は「AI(人口知能)」の登場により、AIを活用した自動売買も当たり前になってきました。

 

AIを活用した自動売買は相場の動きを察知して最適な取引を行ってくれるため、忙しいサラリーマンや主婦の方でも簡単にFXを始めることが出来ます。

 

しかし、一方向に変動が集中するとAIによる損切や新しいエントリーが重なりフラッシュクラッシュに繋がると言われています。

 

強制ロスカット

 

FXでは証拠金以上の損失が生じないように投資家の資金保護の面から「強制ロスカット」と呼ばれる強制決済される仕組みが採用されています。

 

強制ロスカットは投資家を急な変動による損失から守ってくれますが、あまりにも大きな変動が生じると大多数の投資家の強制ロスカットが重なります。

 

ストップロスと同じく、ロスカットが次から次へと起こり、結果的にフラッシュクラッシュ(急な暴騰・暴落)を引き起こします。

 

過去のフラッシュクラッシュの一例

 

フラッシュクラッシュは頻繁に起こるものではありませんが、AIによる取引が普及し始めたことでフラッシュクラッシュが起きる可能性は日に日に高くなっています。

 

今回は過去にどんなフラッシュクラッシュが起きたのか一例を見てみましょう。

 

2019年1月3日

 

2019年1月3日、私たちが住んでいる日本では「三が日」と呼ばれる祝日で、長期休暇をゆっくり過ごしていた方も多くいたのではないでしょうか。

 

この日は日本市場は祝日で休みでしたが、シドニー市場は開場していた為、FXの取引は行われていました。

次の画像をご覧ください

 

画像は米ドル/円の通貨ペアです。1時間で約500pips以上の暴落を引き起こしました。シドニー市場は取引量が少なく流動性も低かったことがフラッシュクラッシュの起きた原因と言われています。

 

私自身も朝7時半頃に起きて、スマホで為替相場を確認すると1ドル106円あたりにレートがあり、前日は1ドル109円台だったので「さすがに一晩で3円も動くはずは無い」と思った程です。

 

このようにフラッシュクラッシュはいつ起こるか誰にも分かりません。

 

フラッシュクラッシュから資金を守る方法は?

 

フラッシュクラッシュが起きる原因は上記で説明したように主に3つあります。

 

この3つの原因が複雑に重なることによって初めてフラッシュクラッシュが起きるので頻繁には起きません。

 

しかし頻繁には起きないという理由で対策を考えていなければ今までコツコツ貯めてきた資金を数時間で失くしてしまい兼ねませんので、あらかじめ対策を考えておく必要が有ります。

 

フラッシュクラッシュから資金を守る方法は以下の4つです。

 

・ストップロスを入れる

・証拠金維持率を高く保つ

・流動性の低い時は取引しない

・システムが安定しているFX業者を選ぶ

 

それぞれの方法について見ていきましょう。

 

ストップロスを入れる

 

ストップロスとは設定した価格に到達したときに強制的に損切するように損切価格をあらかじめ設定しておくことです。

 

フラッシュクラッシュが原因でロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失が出ることでFXの相場に二度と参加できなくなってしまい兼ねません。

 

ストップロスを入れて損失を証拠金の範囲内に抑えることで、再挑戦できるチャンスを獲得することが出来ます。

 

証拠金維持率を高く保つ

 

証拠金維持率が低い口座の取引では、フラッシュクラッシュに巻き込まれてしまった時に証拠金以上の損失を抱えるリスクが高くなります。

 

証拠金維持率を高く保つ方法として

 

・証拠金を多く入れる

・一部のポジションを解消する

・取引量を上げすぎない

 

上記の3点を守ることで、フラッシュクラッシュが生じても、証拠金を上回る損失が生じるリスクは抑えられます。

 

流動性の低い時は取引しない

 

フラッシュクラッシュが起きやすいのは基本的に流動性が低い時・通貨に起こりやすいです。

 

例えば、大きな市場が休場している日を避ける、流動性が低い通貨ペアの取引は避けるなどです。

 

このように流動性が低い時に取引しないまたはポジションを解消していればフラッシュクラッシュに巻き込まれるリスクは格段に抑えられるでしょう。

 

参考記事:FX 各市場の取引時間が丸わかり!各市場の特徴を覚えて取引に役立てよう

 

システムが安定しているFX業者を選ぶ

 

システムがあまり強くない業者で取引をしていた時にフラッシュクラッシュが発生すると、システムがダウンして回復するまで何もできないことがあります。

 

システムがダウンした場合は、新規注文だけでなく決済もできません。

 

そうなると損失が大きくなっているのに、ただ見ているしかない状況に陥ってしまいます。システムが安定しているFX業者で取引をすることで、フラッシュクラッシュから身を守ることが出来ます。

 

参考記事:FXをするならXMが絶対お勧めな理由 投資初心者でも安心な仕組みの数々

 

まとめ

 

FXのフラッシュクラッシュは頻繁に起きるものではありませんが、AIによる自動売買が増えたことによって、以前よりも発生頻度は高くなっている傾向にあります。

 

機関投資家やヘッジファンドのように相場を動かす力を持つ人たちはAIの自動売買の仕組みを悪用してフラッシュクラッシュを強制的に起こしているともいわれています。

 

フラッシュクラッシュはロスカットが働かず、証拠金以上の損失が生じた場合によっては借金を背負うことにもなってしまい兼ねないので注意が必要です。

 

・流動性が低い時に取引しない

・証拠金維持率は高く保つ

・ロスカットは必ず入れる

 

この3点は最低限普段の取引から注意しておきたいポイントです。事前にFXに起こりうる「リスク」を再確認しておきましょう。

 

参考記事:FXの”リスク”を知って取引に役立てよう!

参考記事:FXで借金を作らない為の資金管理術総まとめ