FX ドルコスト平均法を使いこなしてリスクを抑えよう

FX ドルコスト平均法を使いこなしてリスクを抑えよう

 

ドルコスト平均法をいう言葉を聞いたことがありますか?

 

資産運用を始める時は、目的に応じた金融商品を選びます。リスクが小さいものから大きいものまで、金融商品は無数に存在します。

 

その中でもドルコスト平均法を使えば、リスクを抑えつつそれ以上のリターンを狙える金融商品が、「FX・投資信託・株式投資」などがあります。

 

長期的な積立投資において、代表的な売買手法に使われる方法が「ドルコスト平均法」です。今回は、ドルコスト平均法の使い方と、この手法のメリット・デメリットを紹介して、今後の資産運用に活用してもらおうと思います。

 

ドルコスト平均法とは?

 

ドルコスト平均法は、金融商品を継続的に購入する際に採用される手法の一つです。一度にまとめて購入するのではなく、複数回に分けて一定額ずつ購入する方法です。

 

最近では、つみたてNISAiDeCoなどの金融商品もドルコスト平均法を使っています。

 

一定額ずつ購入するのがポイントで、一定数量ずつ買うこととは区別する必要があります。

 

投資先金融商品を決めたら、金融商品の価格が高いときには、少ない口数しか買えませんが、ドルコスト平均法では「購入金額」を一定にすることにより、価格が安いときほど多くの数量を購入することが可能です。長期的に継続することで、平均取得単価を下げる効果が期待できる手法です。

 

例えば、投資信託の積立投資を選択した場合、毎月1万円で、ある投資信託を購入できるだけ買うとします。投資信託の価格が一口100円の時は、100口購入することが出来ます。

 

しかし、1口200円に値上がりした場合は、50口しか購入することが出来ません。逆に一口50円に値下がりした場合は、200口購入することが出来ます。

 

安いときにたくさん買い、高いときには少しだけ買っています。

 

ナンピンとの違い

 

似たような投資手法に、ナンピンがあります。

 

ナンピンとは、買い建てた後に価格が下落した場合に買い増しすることで、ポジションの平均取得単価を下げる方法。平均取得単価が低くなることで、その後元のポジションまで戻らなくても利益が出る。

 

ナンピンも平均取得単価を下げることが期待できるので、この方法と混同してしまわないようにしましょう。

 

ナンピンとは、1口100円で100口買うとします。(1万円の投資)。その後価格が1口50円まで値下がりた場合、2万円で400口買い増しします。これがナンピン買いです。合計すると500口購入したことになり、1口当たり60円です。さいしょのままだと1口100円以上に値上がりするまで利益はプラスに転じませんが、ナンピン買いしたことで1口60円を超えれば含み益となります。

 

ドルコスト平均法とナンピンは似ていますが、違いがあります。ナンピン買いは価格が下がった時にだけ買い増しします。一方のドルコスト平均法では投資対象の価格変動にかかわらず買い続けます。そうすることで、長期的な積立投資において、平均購入単価がさがるからです。

ナンピンについて詳しくはFX ナンピンがお勧めできない理由を参考にしてください。

 

ドルコスト平均法のメリット

 

長期的な積立投資において、メリットを発揮するのがドルコスト平均法です。定期的に一定額を買い続け、そのシンプルさが1つのウリでしょう。投資対象の値動きを完璧に予想することはできませんが、ドルコスト平均法を使うことで、平均購入単価が下がるので、将来的に利益が出やすくなります。

 

しかし、投資対象が短期売買の場合には向いていません。テクニカル分析やファンダメンタル分析をして、底値だと確信があっても、ドルコスト平均法のルールを守る場合、決まった額以上は購入することができません。ここが天井だと思って売却するべきポイントを見つけたとしても売却はしません。情報や予測をもとにタイミングを狙って売買をしたいケースでは、ドルコスト平均法の採用はデメリットになってしまいます。

 

FXなどの金融商品では、為替変動リスクが生じてしまいますが、ドルコスト平均法を使うことにより、平均取得単価を下げることで為替変動リスクを意識した取引が出来る為資金管理面でも優位性をもった取引を行うことが出来ます。

 

ドルコスト平均法のデメリット

 

もちろんメリットがあればデメリットもあります。

 

例えば、10年間積み立て投資をするとしましょう。投資対象の価格が10年間値上がりし続けることももちろんあり得ます。その場合、ドルコスト平均法で買っていくよりも、最初にまとめて投資資金を充ててしまったほうが、今後値上がりした場合に含み益は大きくなります。

 

ドルコスト平均法で買った場合、最初にまとめて買うよりも平均購入単価高くなってしまいます。

 

とはいえ、10年後の価格を予想することはまずできませんから、リスクを考えて投資をするのであれば、分散投資としてドルコスト平均法を使うのも悪くないでしょう。

 

また、複数回にわけて購入するために、手数料がその都度掛かってくるデメリットもあります。相場が下がり続けている局面でも買い増しを続けることが前提となるので、金融商品の価格がマイナスになっているときは、手数料分も負担することになりますので、ダブルパンチになってしまいます。

 

長期投資を前提にする投資ほど、手数料負担が少ない商品や証券会社を選択することが大切です。

 

FXだとDMM FXスプレッド(手数料)が狭いためお勧めです。

 

一般的な投資家であれば、下がった時は積立投資をやめたくなりますが、ドルコスト平均では下がった時にこそ買い増しすることで、将来の利益を少しでも増やすことが出来ます。

 

ドルコスト平均法に向いている人・向いていない人

 

ドルコスト平均法はルールを決めたらその通りに一定額を購入し続けるとここまで説明してきました。

 

以下にドルコスト平均法が「向いている人と向いていない人」をご紹介しますので、自分がドルコスト平均法に向いているのかを把握しておきましょう・

 

ドルコスト平均法が向いている人

 

ドルコスト平均法は一定額を定期的に購入する手法ですので、下落が恐くなって途中で売買してしまうとドルコスト平均法の意味が無くなってしまいます。

 

そのため、価格の上げ下げに一喜一憂しない人がドルコスト平均法に向いていると言えます。

 

そもそも長期投資を目的としていますので、すこしの価格の上げ下げに感情が左右されてしまうようであれば、長くポジションを持つことはお勧めできません。

 

ドルコスト平均法が向いていない人

 

ドルコスト平均法は、長期投資で損失回避をしながらコツコツ利益を増やしていく手法です。

 

数日~数か月で利益を上げたいようであれば、ドルコスト平均法は使えない為、短期間で利益を上げたい方には向いていない手法です。

 

また、上記でも説明しましたが、今後値上がりする可能性が見いだせた投資商品であれば、価格が低いうちに一括購入しておくことで、将来値上がりした場合に、値上がり幅がドルコスト平均法と比べ、断然お得に変えてしまいますので、まとまった資金があり、相場判断が出来る方は安いタイミングで一括購入しても良いと思いますので、あまりお勧めはしていません。

 

ドルコスト平均法を使う際の注意点

 

ドルコスト平均法を使うにあたり、注意点が3つあります。

 

ドルコスト平均法でも苦手な相場はありますので、しっかり注意点を把握し、合わない相場での活用を控えられるようにしましょう。

 

①レンジ相場

 

ドルコスト平均法は購入金額を平準化する手法ですので、レンジなどの値幅があまりない相場には不向きです。

 

レンジ相場では値幅が大きく変動しない為、通貨を購入しても平均値があまり変わりません。

 

また、将来的に価格が上昇しないと見込める相場でもドルコスト平均法にとっては利益を出しづらいのでこちらも不向きと言えます。

 

②トレンドが思惑通りで無いと含み損が拡大してしまう

 

ドルコスト平均法は最初のポジションと同じ方向に買い増しし続ける方法ですので、相場が思惑通りの方向にレートが変動しないと、利益をあげるどころか含み損ばかりが増えてしまいます。

 

そのため、最初のポジションを持つ前に決済時期にどちらの方向にレートが進んでいるか予想する必要があります。

 

③毎回購入時に手数料がかかる

 

定期的に購入するドルコスト平均法は、毎回のトレードごとにスプレッドなどの手数料がかかってきます。

 

とくに下落相場の時に毎回手数料がかかってしまい、元本割れのリスクも出てきてしまいます。

 

下落が続く場合は安値で一気に購入し、購入手数料を1回分に抑えるなどの工夫が必要になってきます。

 

まとめ

 

■ドルコスト平均法

・ドルコスト平均法とは、一定金額で購入し続けることによって平均取得単価を下げる方法

・長期投資向けであり、短期投資には向いていない

・適していない相場展開もあるので、判断できる知識が必要

 

最初は、すこし難しいと思ってしまうかもしれませんが、ドルコスト平均法をマスターすることにより、長期的な投資において数年後、活用していない時と比べ含み益に阿吽の差が生まれます。

 

この機会にFXでも長期的に資産を積み上げられるドルコスト平均法をマスターしてみましょう。