FX ドルストレートとは?ドルストレートとクロス円の計算方法まで紹介

FX 通貨の基本は米ドル!ドルストレートとクロス円とは?

 

FX初心者の方は、何気なく日本円を買ったりポンドを買ったりしていると思います。

 

ですが、それらの通貨を他の通貨と交換するときに米ドルを介して取引が行われていることを知っていますか?

 

今回は、世界の基軸通貨である米ドルと、その他の通貨の関係性について解説していきます。

 

米ドルを介した通貨の売買

 

米ドルは、FXの通貨ペアに影響を与えています。

 

通貨ペアは理論上、通貨の組み合わせの数と同じだけありますが、その中で抑えておきたい組み合わせが2種類あります。

 

1つは米ドルと他の通貨のペアで、「ドルストレート」と言います。

 

米ドル/円ユーロ/米ドルなど、片方の通貨が米ドルならば、すべてドルストレートです。

 

もう1つは、円と米ドル以外のペアで、「クロス円」と言います。

 

ユーロ/円ポンド/円などです。

 

各通貨は、米ドルとは直接売買のやり取りを行っています。

 

しかし、米ドル以外の通貨の場合、直接のやり取りはほとんどありません。

 

例えば、円でユーロを買うときは、円を米ドルにして、米ドルでユーロを買います。

逆に売るときは、ユーロを米ドルにしてから円に戻しています。

 

つまり、ドルストレートは2国間、クロス円は間接的ながらも3か国間の取引になるという訳です。

 

クロス円の取引にも、米ドルの動向がある程度影響を与えていることを理解しておきましょう。

 

・米ドルも円も入らない通貨ペア

ユーロ/ポンドのように、米ドルも円も入っていない通貨ペアを扱っている証券会社もある。そのような通貨ペアの場合もクロス円と同様、片方の通貨を一度米ドルにしてからもう片方の取引を行っている。

 

大きく2種類ある通貨ペアの組み合わせ

 

それでは、代表的なドルストレートクロス円の例を見てみましょう。

 

 

上の表にあるドルスレートの場合、米ドル/円の取引例は

 

米ドル($)⇆円(¥)となるので、米ドルとの力関係がダイレクトに現れます。

 

クロス円の場合、ユーロ/円の取引例は

 

ユーロ(€)⇆米ドル($)⇆円(¥)となるので、米ドルの動向も多少影響してきます。

 

ですので、1番考えておきたいのは、「何かが起きた時、そのポジションを解消できるのか?」ということ。

 

米ドルは安全と言われている為安心しきっていると、上記の取引例を理解していただければわかりますが、米ドルとの交換が出来なくなると、ポジションを解消できなくなる可能性もある為、頭の片隅に置いておきましょう。

 

まとめ

 

■ドルストレートとクロス円

 

・通貨の基本は米ドル

・米ドル以外の取引の場合でも、米ドルを介して取引をしている

・米ドル以外の取引を行う場合でも、米ドルの動向を確認しておく必要がある。