FX サマータイム(夏時間)はいつからなのか?冬時間との違いも紹介!

FX サマータイム(夏時間)はいつからなのか?冬時間との違いも紹介!

 

FXをしていない方でもサマータイムという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

FXでは日本国内以外の通貨を扱う取引の為、避けては通れない海外の考え方も知っておく必要があります。

 

今回は、その中でも重要なサマータイムについて詳しくご紹介します。

 

サマータイムとは?

 

サマータイム=夏時間のことになります。

 

サマータイムとは、日本には導入されていませんが、海外の主に欧米諸国などで導入されている制度で

 

「日の出が早くなる夏の時期に時計の針を1時間進める」

 

ことを指します。

 

つまり、サマータイムは欧米諸国では実際の経済活動に大きく影響を与えている重要な考え方になっています。

 

・仕事の開始が1時間早く始まり、1時間早く終わる

・日中の光熱費節約に繋がる

・明るいうちに帰宅できることで余暇を充実させられる

 

などのメリットがあります。

 

サマータイム(夏時間)が時計を1時間早めるということなので、冬時間が標準時間(基準)として海外では考えられている。

 

各国における夏時間と冬時間の期間

 

それでは、時計の針を1時間進めるサマータイム(夏時間)に切り替わるのはいつのなのか説明していきます。

 

日の出の時間はもちろん国によって変わる為、それぞれ切り替わるタイミングが変わってきます。

 

サマータイム(夏時間)の期間

 

・アメリカ:3月第2日曜日~11月第1日曜日

・イギリス(ヨーロッパ):3月最終日曜日~10月最終日曜日

・オーストラリア:10月第1日曜日~4月第1日曜日

・ニュージーランド:9月最終日曜日~4月第1日曜日

 

となっています。

 

逆に上記以外の期間は冬時間(標準時間)ということになります。ウィンタータイムとは呼ばれていません。

 

また、オーストラリアやニュージーランドなどの南半球は、北半球と季節が逆になる為、夏時間と冬時間も逆になります。

 

FXをやるにあたって、取引の中心となるのはアメリカやイギリスになると思ますので、取り扱う通貨の国のサマータイムは最低限覚えておきましょう。

 

証券会社によっては、サマータイムに切り替わる際に、お知らせ通知が来る業者もあります。

 

サマータイムがFXに与える影響

 

ここまでで、サマータイムの意味は理解していただけたと思います。

 

FX取引を行うにあたってサマータイムを理解しておかなければならない理由は

 

・為替市場の取引時間

・経済指標の発表時間

・証券会社の取引時間

 

が変わってくるからです。

 

為替市場の取引時間

 

まず為替市場の取引時間について、主な市場を日本時間で区別すると

 

「東京市場」

夏時間:9:00~17:00

冬時間:9:00~17:00

 

「ロンドン市場」

夏時間:16:00~1:00

冬時間:17:00~2:00

 

「ニューヨーク市場」

夏時間:22:00~6:00

冬時間:23:00~7:00

 

上記で説明した通り、東京時間はサマータイムが無い為、夏も冬も変わません。

 

ロンドン市場とニューヨーク市場はそれぞれ1時間ずつずれるというわけですね。

 

上記は証券取引所の取引時間ではありません。証券取引所の取引時間と為替市場の取引開始時間・取引終了時間は違いますので注意しましょう。

 

また、為替取引では証券取引所のように明確に取引時間が決められていませんので、あくまで参考程度に知っておきましょう。

 

経済指標の発表時間

 

上記に述べた為替の取引時間は大体の目安になりますが、経済指標の発表時間に関しては、はっきりと時間が決められています。

 

なので、FX取引をするにあたっての夏時間と冬時間の違いで最も意識するのは経済指標の発表時間になります。

 

例えば、アメリカの経済指標の発表時間が夏時間だと21:30だとすると冬時間の場合1時間ずれて22:30になります。

 

この経済指標発表の違いに気が付かずにトレードをすると、突然大きく値が動いてしまいロスカットされることが良くあります。指標チェックは毎日確認するようにしましょう!

 

証券会社の取引時間

 

夏時間と冬時間では1週間の取引時間も1時間ずれてきます。

 

夏時間:月曜日7:00~土曜日6:00

冬時間:月曜日7:00~土曜日7:00

 

証券会社によっても取引時間が変わって来る為、自分が使っている証券会社の取引時間を前もって確認しておきましょう。

 

特に週をまたぐポジションを持ちたくない場合は必ずチェックが必要です。

 

土曜日の朝、ポジションを決済しようと画面を見たら取引時間外だったなんてこともありますので・・・。

 

まとめ

 

以上がサマータイム(夏時間)冬時間(標準時間)の違いになります。

 

日本ではサマータイムが導入されていないのであまり実感場面もありませんが、FX取引をするにあたっては、避けて通れない道なのでしっかり基本を理解しておきましょう。

 

・指標の発表時間

・取引時間の違い

 

上記2つは利益に直接関係してくる可能性がある為しっかりと確認しましょう。