FX 通貨ペアの相関性を利用してリスク分散しよう

FX 通貨ペアの相関性を利用してリスク分散しよう

 

通貨ペアは通貨の「ペア」であり、世界中の様々な通貨が繋がって影響を与え合っています。

 

今回はそんな通貨ペアと通貨ペアの組み合わせ=相関性を考え、複数の投資先でもリスクヘッジを考えると同時に利益を上げられるよう、相関性の重要性について解説していきます。

 

そもそも通貨ペアを詳しく知らない方はFX 通貨ペアとは?取引する前に必ず知っておこうを参考にしてください。

 

通貨ペアの相関性とは?

 

まず、相関性とは何かについて解説しておきます。

 

相関性というのは「一方が変われば他方も変わる関係性」のことです。

 

もっと簡単に説明すると「Aが多い場合、Bも多くなる傾向がある」という関係性であった場合、「AとBは正の相関関係である」と言えます。

 

反対に「Aが少ない場合、Bも少ない傾向にある」という関係性である場合、「AとBは負の相関関係にある」という事が言えます。

 

例えば、私たちの日常生活の家電である「エアコン」で例を挙げるとしましょう。

 

A:気温

B:消費電力

 

である場合、気温が高いほどエアコンの消費電力も高くなるのが一般的です。

 

つまり、「Aが高いほど、Bも高い傾向にある」という正の相関関係になっているという事になりますね。

 

このように、「気温」「消費電力」の関係性が正の相関関係という事になります。

 

通貨ペアの場合

 

それでは私たちが行っているFXの通貨ペアの場合で考えてみましょう。

 

例えば「米ドル/円が上昇すると、ユーロ/米ドルは下降する傾向にある」とか「ユーロ/円が上昇すると、ポンド/円も同じく上昇する」といったような相関関係を導き出すことが出来ます。

 

このような通貨ペアの相関関係が理解できていると、トレードの際に大きなヒントとなり、より効率的な取引を行えるようになります。

 

一つのチャートだけを見て判断するより、他の相関関係がある複数のチャートで分析することで、最初に見ていたチャート分析の信頼度が上がり、相場に優位性を持たせることが可能になります。

 

主要通貨ペア同士の相関関係

 

これから紹介する表は通貨ペアの相関関係を数値化したものになります。

 

数値が1に近いほど相関関係にあり、−1に近いほど逆相関関係にあるということになります。

 

また数値がに近いほど関係があまりない無相関となります。

 

クロス円の相関関係表

 

引用:松井証券

 

ドルストレートの相関関係表

 

引用:松井証券

 

相関表から読み取るべきこと

 

上記の表から「何を読み取ればいいのか?」

 

・どの通貨ペアとどの通貨ペアがより相関関係が強いのか

・どの通貨ペアとどの通貨ペアがあまり相関関係が無いのか

 

を把握しておきましょう。

 

「ユーロ/円とポンド/円は比較的相関関係が強い」

「ドルストレートはほとんどの通貨ペア同士で相関関係があるな」

 

など考察することが出来ます。

 

その上でこれらの情報をどのように取引に活用していくか?次の項目からご紹介します。

 

通貨ペアの相関関係を取引に活用する方法

 

ここまでで何となく通貨ペア同士の相関関係について理解できたと思います。しかし、理解しても実際に活用しなければ意味がありません。

 

どのように活用すればよいのか?見ていきましょう。

 

相関関係の強い通貨ペアを利用して分析材料を増やす

 

例えばユーロ/円の取引をする場合、相関関係の強いポンド/円などの複数のチャートで同時に分析することによりさらに精度が高まります。

 

ここでポイントですが相関関係の強い通貨ペアでも同じタイミング(1分・5分単位)で一緒に動き出す事は少ないので、この「若干の時差」を使って、取引を優位にすることが出来ます。

 

つまり、「ユーロ/円の5分足でまだ値動きが無いが、ポンド/円の5分足は今上昇方向に動き出したから、もしかするとこの後ユーロ/円も同じように上昇してくるかもしれない」と推測することが可能になります。

 

これからユーロ/円で買いエントリーをしようとしているならば、一度ポンド/円のチャートを確認して怪しい動きはないかチェックすることで、さらに取引に精度が増します。

 

要するに、「相関関係の強い通貨ペアで確認を行うことで、精度が高まる」ということになります。

 

ただし、相関関係の強い通貨ペアであっても、必ず同じような動きをするとは限りませので、あくまで”目安”程度に考えておきましょう。

 

あまり、相関性に固執してしまうと、「絶対この後上昇する!」と鵜呑みにするのは、思わぬ損失を生む要因にもなりかねませんので、注意しておきましょう。

 

逆相関関係にある通貨ペアを利用してスワップを狙う

 

逆相関関係の強い通貨ペアを利用してスワップを狙う方法もあります。

 

これはヘッジファンドなどでもリスクヘッジの目的から使われる手法の一つです。

 

リスクヘッジとは、一つの事柄に集中投資せず、その事柄が何らかの事情で機能しなくなったときに、分散投資しておくことで「自分自身・資産・資金」を守る為の方法

 

例えば、米ドル/円とユーロ/米ドルは逆相関関係の強い通貨ペア同士です。

 

例えば、この2つの通貨ペアを同じ取引量だけ保有すると、一方が含み損を抱えてしまっても、もう片方が含み益になる可能性が高い為、収支はプラマイゼロに近くなりますよね。

 

しかし、スワップの魅力である「保有していればスワップは受け取れる」ことから、リスクヘッジをしながらスワップを受け取れることになります。

 

つまり、逆相関関係の通貨ペアを保有することで相場がどちらに動いても小さなリスクでスワップを受け取り続けることが可能という事になります。

 

プラマイゼロになることから大きな金額でレバレッジをかければ、スワップだけでも十分利益を生み出すことは可能です。しかし、こちらも、いくら逆相関関係とはいえ、100%ではありませんので必ず損切も念頭に置いておきましょう。

 

まとめ

 

相関関係についてご理解いただけたと思います。

 

しかし、相関関係はあくまで「Aが上がればBも上がる傾向にある」というだけです。「傾向」ですので、相関関係を過信しすぎないようにしましょう。

 

また、正の相関関係にある通貨ペアを選ぶときは、利益を生み出す方向にレートが動けば良いですが、含み損を生むときは、普段の2倍のスピードで含み損が増えますから、資金管理も徹底しておきましょう。

 

参考記事:FX 資金管理がラクになる!?「ユニット」を身につける!

 

また、米ドルが急激に買われ始めたりしたら、相関関係に関係なくすべての通貨ペアでドル高になるということも考えらえれますので、相関関係には「例外はある」ことをしっかり把握しておきましょう!