FX チキン利食いがやめられない時の治し方。その原因と克服方法

FX チキン利食いがやめられない時の治し方。その原因と克服方法

 

チキン利食いがやめられない原因を知っていますか?

 

チキン利食いをしてしまう理由は

 

・目標の位置まで待てない

・含み益が減るのが恐い

・含み損が膨らむのが恐い

 

人それぞれあると思います。

 

利食いは難しいと言われており「自分は利食いが下手だ」というトレーダーの方は多く存在します。

 

今回はチキンと呼ばせない為に、チキン利食いをしてしまう原因と正しい決済方法を今回はご紹介していきます。

 

チキン利食いが発動してしまう状況はどんなとき?

 

チキン利食いが発動してしまう状況はどんなときでしょう。

 

これは共通していえることですが、「決済」する時です。

 

決済と言うと、利益確定でポジションを閉じる場合と損切りでポジションを閉じる場合の二通りありますがポジションを保有した後は相場次第で予想通りの方向にレートが動いたり、そのままポジションを持ったのの中々相場が動かないなどいろいろな展開が予想されます。

 

こういった状況で決済が早まってしまう人は以下のような行動パターンをしていまう傾向にあります。

 

・利益目標・損切目標のどちらにも達していないが決済を待てない

・含み益が減る・含み損が増えるのが耐えられない

 

これでは、いくらトレードルールを決めていたとしても、メンタルの部分で負けてしまっているので良いトレードはできません。

 

それでは、メンタルで負けない為に、次の紹介する項目を理解し、トレード中に思い出して自分がFXの罠にハマっていないか確認するようにしていきましょう。

 

決済が早まってしまう原因はメンタルにある

プロスペクト理論が人間心理を不安にさせる

 

利食いや損切り目標までポジションが決済されるのが待てない方は、プロスペクト理論が原因として挙げられます。

 

プロスペクト理論とは、簡単に説明すると

 

・利益が手に入る可能性がある事柄に対しては、消極的になってしまい「今まで積み上げてきた利益が目減りするのは嫌だ」と思ってしまう

・損失を被る可能性がある事柄に対しては、損失自体を受け入れず、損失確定をさけようとする

 

といった行動を取る人間心理のことを言います。

 

FXに当てはめて考えてみましょう。

 

例えば、

 

・含み益が増え、目標の位置まで来ていないものの、「今後逆行すれば今までの利益がゼロになってしまう」と考えてしまうことから、すぐにでも利益の決済をしてしまう

・含み損が増えてしまい、建値に戻るのを期待して、損失を確定することから逃げてしまう。

 

これが、チキン利食いを引き起こしてしまう人間心理の根源なのです。

 

 

 

プロスペクト理論についてもっと詳しく知りたい方はFX プロスペクト理論とは?日常にも実は潜んでます!を参考にしてください。

 

チキン利食いで成功した時の記憶が邪魔をする

 

チキン利食いをして良かったことなど無い。と本当に言い切れますか?

 

実は無意識のうちに過去の誤った成功体験のせいで、チキン利食いがやめられない可能性があります。

 

例えば、含み益のときにチキン利食いをしてしまいその後レートが逆行した場合

 

「チキン利食いしておいて良かった」

「チキン利食いに救われた」

「利益で終われた!」

 

と思ってしまうわけです。

良くない事だと思いつつも、脳は過去の誤った成功体験により麻痺してしまい

 

「今回もきっと助かる」根拠のないトレードを繰り返してしまいます。

 

 

チキン利食いには偽物のメリットが存在する

 

チキン利食いのやっかいなところは、メリットであるかのうように見えて、実際はFX取引においてデメリットである事柄が3つ存在します。

 

・小さな利益だとしても”利益”には違いないので、喜びが生まれる

・含み益の時に、「建値に損切を入れる」ことにより含み損のリスクを避けられる。

・資金をリスクに晒している時間が少なくなる(短期トレードで終えられる)

 

このように、一見メリットであるかのように見える内容でも、後から見れば、マイルールを無視する行為となり、1つ目であればコツコツドカンの原因になりかねない。

 

決済が待てないときの対策方法

自動決済注文にまかせる

 

まず、1つ目にエントリーした後はまず、1つ目にエントリーした後は逆指値OCO注文を設定するということが挙げられます。

 

上記で説明したように人間心理がチキン利食いの根源となっていることから、人間心理が介入しなければ良いわけですから、自動で決済してくれる仕組みを利用すればいいのです。

 

自動売買ツールなどもありますが、あれは「人間心理が介入しない」のが大きなメリットです。

 

裁量トレードでも、人間心理が介入しない仕組みづくりにすれば自動売買の良いとこ取りを出来るわけです。

 

決済通知を設定する

 

結局上記の自動注文をしただけでは、「もう取引は終わったかな?」などと思ってしまい、相場を確認しに行ってしまいます。

 

相場を確認しに行くと、含み益・含み損の状況を見てしまい、自動注文を入れているにも関わらず、「自分で決済」をし兼ねません。

 

なので、お使いの取引ツールと証券会社にもよりますが、「決済通知」というものを設定できます。

 

これは、ポジションが決済されるとメールにてお知らせしてくれる機能で、とても重宝します。

 

もちろん自動決済注文もいれることができますので

 

「自動決済注文+決済通知」を組み合わせると良いでしょう。

 

XM TradingではMT4という優れた高機能な取引ツールが使えますので、「決済通知」ももちろんあります。

 

XM Tradingについて詳しく見たい方は国内・海外FX口座開設おすすめ証券会社は?を参考にしてください。

 

私もチキン利食いの経験がありますが、決済通知を受け取るようになってから改善されました。

 

新たな問題として「決済通知を待てるか?」という問題が出てきますがマイルールに「決済通知を待つ」という項目を追加して我慢するしかありません・・・。

 

判断する時間軸を変えない

 

上記で説明した自動決済方法ではなく、「やっぱりFXは自分で取引したい!」と言う方もいると思います。

 

もちろん完全裁量トレードでやる場合の対策方法もあります。

 

それは、「判断する時間軸を変えない」ことです。

 

判断する時間軸とは、エントリーした根拠を発見した際に使っていた時間軸のことを指します。

 

例えば、5分足を使って分析して根拠を発見した後にエントリーしたとします。

 

その後、相場が逆行して含み損になってしまったときに「時間軸を変えてしまう」方が非常に多いです。

 

基本的に、根拠となった手法が思い通りに動かなかった時点で損切りすることが重要ですので、他の時間軸ではその根拠が当てはまらないはずです。

 

ポジションを建てた後に新しい時間軸で見てしまうことで「30分足の直近安値までは待ってみよう」などと言った新しい根拠建てをしていまい、損切りするどころか、損切目標位置を遠くに再設定してしまい兼ねません。

 

そうなるのであれば、エントリーする前から30分足の直近安値で損切りすると言った根拠でエントリーするべきですよね。

 

理由の後付けはよくありません。

 

後から入ってきた情報を織り込まない

 

エントリーしたものの中々、自信が持てずに色々な指標や相関関係にある通貨ペアを観たりするような経験がある方は多数いると思います。

 

しかし、あとから入ってきた情報を現在エントリーしているポジションに織り込むのはよくありません。

 

後から入ってきた情報に感情が左右されていて、どんなに良いトレード内容でもだんだんと「本来の根拠」から的が外れていってしまいます。

 

もちろん、指標などが発表されて「この後相場が急騰・急落しそう」と言うこともあるかと思います。

 

しかし、そうなるのであれば指標の発表時間はネットに公開されていますので、あらかじめその時間にポジションを持っていないように努めるべきです。

 

 

まとめ

 

■チキン利食い

・チキン利食いは感情が邪魔をしているから

・自動注文と決済通知を組み合わせて使うことで感情を排除できる

・偽物のメリットに騙されない。マイルールは必ず守る

 

FXで重要なのは、「利益よりも損失をした時のことを常に考える」ことです。

 

チキン利食いはとても治りにくいですが、今回紹介した自動注文や決済通知を受け取る設定にして、感情の介入を防ぎましょう。

 

そうすることで、チキン利食いしようにも出来ない状況になる為、今より利益が増えるはずです♪

 

 

One thought to “FX チキン利食いがやめられない時の治し方。その原因と克服方法”

Comments are closed.