FX専業トレーダーが本気で選んだ必読するべきおすすめ本11冊

FX専業トレーダーが本気で選んだ必読するべきおすすめ本11冊

 

あなたは1カ月にどれくらい本を読みますか?

また、他の人がどれくらい本を読んでいるのか気になったこともあるのではないでしょうか。

 

本はその人(著者)の人生経験が全て詰まっていると言っても過言では無く、FXを始めとした投資分野であれば成功している著者の考え方が本の中に集約されているため、本を読むことで同じ思考へと切り替えていくことが出来ます。

 

そこで今回は私がFX専業トレーダーになるまでに見てきた本の中から「これは読むべきだ!」と感じた著書をご紹介していきます。

 

はじめに

 

文化庁が2019年10月に発表した「国語に関する世論調査」では社会人(調査対象16歳以上)の約半数が「1カ月に全く本を読まない」と結果が出ました。

 

また1カ月に1、2冊しか読まない人を「読まない人」と定義すると8割以上の方が読書になじみがないという結果になりました。

 

上記の結果から週に1冊以上本を読むだけで「上位2割」に入れることになります。

 

週に1冊読もうと思うと200ページの本であれば、平日30分・休日1時間もあれば十分に読み切れる量だと思います。日本人は「時間が無い」「活字は苦手だ」と言って本を読むことに対して強い抵抗感を示す傾向にあります。

 

しかし本を読むことで得られるメリットは沢山あります。

 

・知らない情報を得られる

・自己啓発ができる

・考える力が身に付く

 

これだけ沢山のメリットがあるにも関わらず本は1冊数千円程度のものが一般的ですよね。成功者の思考の中をこれほど安価で手に入れられるのであれば、この上無い一番の自己投資だと私は思っています。

 

本をたくさん読む人はお金持ちになる可能性が高いという統計も発表されていて、年収800万円以上の人は月額書籍購入費平均が約3000円であるのに対して、年収400万円~800万円の人は約2500円、400万円未満の人は約1900円という結果が出ています。

 

また、世界最高峰の投資家として知られるウォーレン・バフェット氏は投資ライフを始めた時から「1日600ページ~1000ページ程」を読むそうで1日の80%を読書に費やすとインタビューで答えています。

 

成功への近道である「本」についてそれではさっそくお勧めする書籍11冊をご紹介していきます。

 

絶対読むべきFX本【入門編】

 

一番売れてる月刊マネー誌ZAiが作った「FX」入門 改訂版

 

FXの入門書としてまず挙がるのが、投資雑誌の出版社であるダイヤモンド社が出版しているこの本です。初版が2009年とやや古いですが、今もなお人気があり売れ続けている本です。

 

初心者がFXの世界に足を踏み入れる前にこの本をとりあえず読んでおけば間違いないです。

 

FXの仕組み・専門用語・基本的なテクニカル分析・ファンダメンタル分析や実際のトレードのやり方までがオールカバーされていますので、FXの入門書として最適です。

 

 

おすすめ度:★★★★★ 対象:FX初心者

 

いちばんカンタン!FXの超入門書

 

とにかく難易度が低く、全くのFX(投資)初心者でもとても読みやすい本になっています。

 

初心者が本を読むとわからない単語が沢山出てきて途中で投げ出してしまうことが良くありますが、その点この本は用語のインデックスがあり、1冊でもすぐに読み切れてしまうと思います。

 

 

おすすめ度:★★★★★ 対象:FX初心者

 

絶対読むべきFX本【テクニカル編】

 

先物市場のテクニカル分析

 

テクニカル分析に特化した本で、投資家の中でもかなり有名な本の一つです。

 

プロの投資家ですら何度も読み返して読んでいる本で、テクニカル分析をさらに深堀りしたい人にお勧めです。

 

初心者にもわかりやすいですが、テクニカルの基礎(移動平均線・一目均衡表など)の知識を頭に入れてから読む必要が有ります。

 

 

おすすめ度:★★★★☆ 対象:初級~中級者向け

 

東大院生が考えたスマートフォンFX

 

「深イイ話」でも特集された当時東大院生だった田畑昇人さんの本で、一通りFXの知識が身に付いた後に読むと目から鱗です。

 

FXは24時間取引可能ですが時間によって取引している市場が変わりますので、その時間にどのように対応していくかが詳しく解説されています。

 

「時間」というパラメータを攻略したいのであればこの本は必ず読んでおくべきでしょう。

 

全て1つ1つに理由があり、読者を「なるほど」と理解させてくれるものになっています。

 

 

おすすめ度:★★★★★ 対象:中級者向け

 

日本テクニカル分析大全

 

テクニカル分析の本のラストは日本テクニカルアナリスト協会が執筆したこの本です。

 

専門家によるテクニカル分析の理論から手法までが説明されており、まさに”大全”の言葉に相応しい1冊です。

 

ただしこの本はテクニカル分析を一通り学んだ中級者~上級者レベルの人にとって、今まで自分が学んできた理論を再確認したいとき、辞書として置いておくべき本であり、初心者がいきなりこの本を読むのは少し難しいと思います。

 

なので初心者の方はまずは上記で紹介した「先物市場のテクニカル分析」を読み、本の内容を理解してからこの本を読むと良いでしょう。

 

 

おすすめ度:★★★☆☆ 対象:中級~上級者向け

 

絶対読むべきFX本【ファンダメンタル編】

 

カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本

 

こちらは金融・経済の知識が全くないという方が最初に読むべき本です。日経新聞の経済面を普通に読んでいる方は必要ないでしょう。

 

金利?デフレ?金融政策?って何?という”基本”が分からない方や、まだ曖昧な理解のままの方にとっては基礎を固める上で非常に参考になる1冊です。

 

この本を読むだけで日本経済の動きの中身が理解出来る為、FXのみならず今後人生を生きていく中でもとても参考になる本ですので読んでおいて間違いありません。

 

 

おすすめ度:★★★★★ 対象:初級~中級者向け

 

投資家のための金融マーケット予測ハンドブック

 

一般の個人投資家のブログではほとんど紹介されない本ですが、金融機関で働くマーケットのプロであればだれもが知っているファンダメンタルの本がこれです。

 

内容は、金利・為替予測の方法論から始まり、日本経済動向・経済統計の見方、米国経済動向・経済統計の見方、ユーロ圏、英国、オセアニアなどほぼ全ての国のファンダメンタルが網羅されています。

 

例えばFXでポンドのトレードをするのに、ファンダメンタルを何も知らないでトレードすることは裸で戦場に行くのと同じようなことで無謀です。

 

本当に安定してポンドで稼ぎたいのであれば英国の金融政策はどうなっているのか、経済動向はどうなのか?など最低限の流れを把握してければなりません。それらのファンダメンタルズを読み解く力に加え、テクニカルを合わせることでFXにおいて爆発的な利益を得ることが出来ます。

 

その為にこの本はファンダメンタルの学習をするのにとても有意義な1冊になることでしょう。

 

 

おすすめ度:★★★★★ 対象:中級~上級者向け

 

絶対読むべきFX本【資金管理編】

 

投資苑

 

アレキサンダー・エルダー博士による世界的なベストセラーです。

 

投資において重要となる「心理・戦略・資金管理」について書かれた本で、トレードに必要となる知識をまとめて1冊で学ぶことが出来ます。資金管理だけでなく、テクニカルに関する知識を学びたい人も読んでおきたい本の1つです。

 

 

おすすめ度:★★★★☆ 対象:初級~中級者向け

 

勝てない原因はトレード手法ではなかったFXで勝つための資金管理の技術 損失を最小化し、利益を最大化するための行動理論

 

こちらの本で紹介されている「トレード許可証の7つの項目」はブログや投資サイトや類書に見ることがなかった素晴らしいまとまりようで、これだけまとまった知識をググって内外から集めるのには骨が折れる=年数がかかる。

 

もしトレードを始めたいと友人に相談されることがあったら、この本を最初に手渡すことにしているくらいお勧めできる著書だ。

 

 

おすすめ度:★★★★★ 対象:初級~中級者向け

 

絶対読むべきFX本【メンタル編】

 

悩めるトレーダーのためのメンタルコーチ術

 

これほど多くの視点からトレードメンタルについて語られた本は他に見たことがありません。

 

101個あるアドバイスの中には、あなたが抱えているメンタルの悩みを解消するための方法がきっと見つかるはずですし、それも一つだけではなく複数見つかることでしょう。

 

精神療法・行動療法・認知療法などの数々のアプローチによって、あなたの「こころの筋肉痛」がほぐされていき、あなた本来のポテンシャル、モチベーションを発揮してFXに取り組むことができるようになるでしょう。

 

 

おすすめ度:★★★★★ 対象:初級~上級者向け

 

トレーダーの心理学

 

「成功しているトレーダーは成功に至るまでにどんな壁にぶつかり、どうやって克服してきたんだろう?」という疑問に答えてくれるのがこの「トレーダーの心理学」です。

 

著者のアリ・キエフ博士は心理学者であり、トレードの指導者でもあります。

 

本書はヘッジファンドで活躍するトレーダーに対してコーチングした実際の様子が収められており、とてもレアで貴重な一冊です。

 

トレードスキルを上達させて成功へ至る為のステップと、そのプロセスの中で生まれるメンタルの悩みについてケーススタディーをふんだんにまじえて執筆されています。

 

 

おすすめ度:★★★★☆ 対象:中級~上級者向け

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。本を読むこと自体慣れていない方も多いとは思いますが、本を読むことで得られるメリットは沢山あります。

 

まずは最初の1冊を読んでみて「まだ読めそう」と思ったらどんどん読む時間を増やしていきましょう。

 

1日5分ずつでも本を読む時間を延ばすことが出来れば、1年後、10年後にはあなたは自分が思っている以上に突き抜けた存在になっていることでしょう。

 

本は執筆者の人生で得た知識や経験をたった200ページ程で学べるのですから、これ以上ない投資先であると思います。まずは1冊から挑戦してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.