FX 金融政策とは?FX取引への影響は?

FX 金融政策とは?FX取引への影響は?

 

今回は、FX取引をする上で必ず知っておきたい基礎知識である「金融政策」について解説していきます。

 

為替変動に大きく影響するファンダメンタルズ分析をする際に知っておかないと「あれ?なんでこんなに値動きしてるの?」となってしまいますので、しっかり学習しておきましょう。

 

金融政策とは?

 

「金融政策」とは、中央銀行が行う金融面からの経済政策のことで、物価や通貨価値の安定、金融システムの維持などたのために行う政策を指します。

 

景気対策として、金融引き締め政策金融緩和政策を行います。

 

具体的な内容としては、景気が過熱して物価が高くなってきたら(インフレ)通貨供給量を減らす事で景気を抑制して物価の上昇を抑えようとします。

 

逆に、景気が悪化して物価が伸び悩む(デフレ)ようであれば、通貨供給量を増やし景気を刺激して物価を上昇させようとします。

 

金融政策の代表的なものとして、政策金利量的緩和があるので今回はそちらの2つをご紹介します。

 

政策金利とは?

 

「政策金利」とは、中央銀行が物価の安定のために操作する「金利」のことを指します。

 

景気が過熱し物価が上昇(インフレ)する局面では政策金利を引き上げて(=利上げ)景気を抑制します。

 

反対に、景気が悪化し物価が下落する(デフレ)局面では政策金利を引き下げて(=利下げ)景気の失速を防ごうとします。

 

もっと簡単に説明すると、政策金利を引き上げるとローンの金利が上がります(借金しづらくなる)ので、世の中に出回るお金の量が減って景気が抑制され物価が下落します。

 

各種ローンの金利が引き上げられた分、消費者はローンを組んで自動車や家などを買いにくくなります。それによって行き過ぎた消費行動を抑制して、消費の伸びを緩やかで持続可能程度にすることを目指す目的で「利上げ」は実行されます。

 

反対に、政策金利を引き下げればローンの金利が下がる(借金しやすくなる)ので、世の中に出回るお金の量が増えて景気が刺激され物価が上昇するという仕組みになっています。

 

各種ローンの金利が引き下がった分、ローンを組んで自動車や家などを買いやすくなりますので、消費者がどんどんローンを組んで消費に積極的になることを目指す目的で「利下げ」は実行されます。

 

景気というのは、一度過熱し始めるとそれが崩壊するまで過熱し続けてしまうことがあります。

 

バブル崩壊や、世界恐慌などが参考になります。過熱しすぎたら金利を上げてお金の回りを抑制して景気を安定させる必要があります。

 

日本では、バブル崩壊後の最悪な状況から抜け出すために1998年にゼロ金利政策(短期金利を0%台まで引き下げる政策)を導入しました。しかし、最強のはずであったゼロ金利政策だけでは足りず、2016年にさらなる景気の失速を防ごうとマイナス金利政策を導入しましたが、この政策が成功するかどうかは現在のところ誰にも分かりません。

 

確かに、金利がマイナスになるわけなので、お金を預けたほうが金利を払うことになるという状態になってしまうため、ゼロ金利を超える強さはありそうです。

 

ちなみに、マイナス金利になるのは民間の銀行が日銀に預けているお金の一部なので、私たち個人にはいまのところ直接的な影響はありません。

 

量的緩和とは?

 

「量的緩和」とは、政策金利の調整だけでは景気が上昇せず、物価が伸び悩む際に中央銀行が国債などを購入することで、市場への通貨供給量を増やすことを指します。

 

現在の日本では、政策金利の調整だけでなく量的緩和政策も実施されています。

 

金融政策を決定するのは中央銀行

 

金融政策を決定するのが、各国の中央銀行です。

 

中央銀行は、民間の銀行や政府に資金を融資しているだけではなく、通貨を発行できる唯一の銀行で、中央銀行は各国に設置されており、「日本銀行(日銀)」は日本の中央銀行になります。

 

日本では毎月政策金利の変更が行われていますが、景気によって変更もあるので注意しておきましょう。

 

なお、各国の中央銀行の名称は以下の通りです。

 

・米国 FRB(Federal Reserve Board 米連邦準備制度理事会)

・ユーロ圏 ECB(European Central Bank 欧州中央銀行)

・英国 BOE(Bank of England 英国中央銀行)

 

金融政策がFXにどう影響するのか?

 

金融政策利上げ(金利引き上げ)や利下げ(金利引き下げ)を行った場合、一般的には利上げが行われた場合は、金融政策は理想的な経済成長の実現を目指して行われているので、内外金利差が拡大することで通貨高要因となり、反対に利下げの場合は金利差の縮小により通貨安の要因にもなります。

 

また、利上げ・利下げが実施されず、政策金利水準が据え置かれることも多々あります。

 

政策金利水準が据え置きの場合でも、経済成長に良い影響を与えると投資家によって判断された場合は為替相場が上昇し、政策金利水準据え置きの決定が適切では無いと判断された場合には為替相場が下落するケースもあります。

 

ここまでで少し難しいと思った方向けに簡単に説明すると、利上げによって金利が高い通貨があれば、その通貨にお金を変えることで(低金利通貨→高金利通貨)高い金利で運用することが可能になりますから、基本的には金利だけに着目して投資判断を行う場合、高金利通貨に人気が集まります。

 

すると低金利通貨が売られ高金利通貨が買われますので日本円で例えると日本の金利が上がれば円高になり、金利が下がれば円安になるのが一般的です。

 

まとめ

 

■金融政策

・金融政策には「政策金利」と「量的緩和」がある

・その国が利上げを行えば「通貨高」、利上げを行えば「通貨安」に繋がる

 

中央銀行は金利を誘導しながら景気を安定させようと動いています。

この金利の動きによって、為替相場にも大きく影響してくることが今回理解できたと思います。

なので、最低でも取引する通貨ペアの国の金利は必ずチェックするようにしましょう。