FX バルサラの破産確率で資金管理を考えてみよう

FX バルサラの破産確率で資金管理を考えてみよう

 

資産を増やしたくてFXをはじめたのに、

気が付けば資産を溶かしてしまっていた・・・。

 

相場に優位性の無い、間違ったトレード手法を身に着けてしまうと、

資産を徐々にすり減らしてしまうだけでなく、

トレーダーとしても悪い方向へ成長してしまいます。

 

最悪の場合、破産してしまうこともあります。

 

もちろん誰しもそうはなりたくありません。

 

そうならない為には、自分のトレード手法で今後

破産する確率があるのか?がある程度わかる方法を

今回はご紹介します。

 

「バルサラの破産確率」を使うことで、

自分のトレード手法で破産する確率が

どの程度あるのかがわかります。

 

 

・バルサラの破産確率を計算する為に必要な2つの値

 

バルサラの破産確率を計算する為には2つの値が必要になります。

 

まずは、以下の2つの値を計算しておく必要があります。

 

・勝率

・損益率

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

・勝率

 

それではまず、勝率の計算方法から紹介していきます。

 

勝率は、

「勝ちトレード÷総トレード数」で計算することが出来ます。

 

100回トレードして50回勝つことが出来ていれば、

「50÷100=0.50」ですので、勝率は50%になります。

 

100回トレードして40回しか勝てていなければ

「40÷100=0.40」ですので、勝率は40%になります。

 

・損益率

 

続いて損益率の求め方です。

 

損益率は、平均利益(pips)÷平均損失(pips)で計算することが出来ます。

 

平均利益は、総利益(pips)÷勝った回数です。

平均損失は、総損失(pips)÷負けた回数です。

 

総利益が1000pipsで

勝った回数が10回だとすると、

平均利益は、1000÷10=100

 

なので、平均利益は100pipsとなります。

 

総損失が500pipsで

負けた回数が10回だとすると、

平均損失は500÷10=50

 

なので、平均損益は50pipsとなります。

 

つまり損益率は100pips÷50pips=2ということになります。

 

 

・バルサラの破産確率表

 

それでは、バルサラの破産確率に当てはめてみましょう。

 

下の表が「バルサラの破産確率表」です。

 

 

表の見方は、列(横)が勝率で、行(縦)が損益率です。

 

勝率=勝ちトレード数÷総トレード数

損益率=平均利益(pips)÷平均損失(pips)

 

でしたので、

勝率50%で損益率が1の場合、破産する確率50%になります。

 

勝率が30%で損益率3の場合、破産する確率22%になります。

 

 

あなたのトレード手法の破産確率は何%ありましたか?

 

この破産確率が0に近いほど破産する確率は低いと言えます。

 

・破産する確率を改善するには?

 

バルサラの破産確率表を使うことで、自分のトレード手法で破産する確率が

目に見えてきたと思います。

 

破産確率が限りなく0に近い数値になったのあれば、その手法を使い続け行くことで、

破産するどころか利益が好調に伸びていくでしょう。

 

しかし、そうではなく、破産確率が100に近い方はどうしたらよいのでしょうか?

 

理想の破産確率は1%以下であると言われています。

 

1%以下だと、破産確率表の0と緑の部分です。

 

 

そうすると、勝率は50%以上、損益率は2以上にしなければならないのです。

 

・破産する確率を改善する具体的な例

 

それでは、破産する確率を改善するための具体的な方法について紹介していきます。

 

破産する確率を改善するには、勝率は50%以上、損益率は2以上にすると前途しました。

 

そのうち、勝率については初心者のうちに簡単に上げられるものではありません。

 

簡単に勝率を上げることが出来るのであれば、誰も苦労はしませんよね?

 

勝率については、相場で経験を重ねて

手法を磨き上げ、優位性の高いトレード方法を身に着けていくしかありません。

 

しかし、損益率はどうでしょうか?

 

損益率については、初心者の内でも「あること」を意識するだけで改善できます。

 

その「あること」とはリスクリワードを高くすることです。

 

リスクリワードとは、1回のトレードで想定される

リスク(損失)リワード(利益)の比率のことを指します。

 

リスクリワードについて詳しくはFX 資金管理さえしていれば勝てるようになる!手法よりも重要な理由を参考にしてください。

 

勝率を上げることが出来ないのであれば、この比率を高く保つ必要があります。

 

なぜかというと、リスクリワードを高く保つことで、勝率が低くても破産確率を0に近づくことが出来るからです。

 

リスクリワードとは、利益と損失の関係のこと。

 

例えば、1トレードの想定損失が50pips、

想定利益が100pipsの場合だったとします。

 

この場合、10戦5勝5敗であったとすると、

利益:500pips・損益:250pips

勝率が50%で、損益率は2ということになります。

 

 

バルサラの破産確率表に当てはめて考えてみると、破産確率は0.9%です。

 

破産確率が0.9%であれば、かなり安全な取引が出来ていると言えますね。

 

・まとめ

 

■バルサラの破産確率

 

・今後の破産確率を表を使って計算できる

・破産確率は1%以下を目指す

・破産確率を改善するにはリスクリワードを高く保つ

 

これらをしっかり抑えて、

破産確率の低いトレード

心掛けるようにしましょう。

 

FXを続けていくには、まず第一に資金を減らさないようにする必要があります。

 

今回紹介したバルサラの破産確率は資金管理をする上で、一つの参考材料になります。

その他、2%ルールリスクリワードレシオを組み合わせることにより、資金管理の技術が向上します。

 

2%ルールについて詳しくはFX 2%ルールを使って資金を管理する力をつける!を参考に、

リスクリワードレシオについて詳しくはFX リスクリワードについて2 利益より損失を増やさないこと!を参考にしてください。

 

2 thoughts to “FX バルサラの破産確率で資金管理を考えてみよう”

Comments are closed.