FX 2%ルールを味方につけて資金管理を楽にしよう!

FX 2%ルールを味方につけて資金管理を楽にしよう!

 

駆け出しトレーダーが資金を失い退場してしまう原因の一つが「資産管理の仕方」です。

 

投資は車やバイクなどとは違い、免許や資格が無くても誰にでも始めることが出来ます。

 

しかし投資の世界では右も左も分からないまま取引をすれば、かなり無謀な挑戦をしてしまうことになります。

 

もちろん自動車学校のように教官が隣に座って指導をしてくれれば問題ありません。

 

投資初心者にとって一番大切なことは、取引をする上で資金を守る為の基本を学ぶことです。

 

今回は資金管理を楽に計算できる「2%ルール」について解説していきます。

 

2%ルールとは?

 

資金管理術には様々方法がありますが、この中でもメジャー且つ基本となる資金管理方法として有名な「2%ルール」というものがあります。

 

これは1取引当たりの損失金額が運用資金(口座残高)の2%を超えるリスクまでに抑えることを指します。

 

例えば運用資金が100万円とします。

 

その場合1回の取引で2万円以上のリスクをとらないということです。

計算式「100万円×2%=2万円」

 

FXで例えるならば、2万円の含み損になったらロスカットするということになります。

 

100万円も資金があるのに、2万円しかリスクを取らないの?と思われる方もいるかもしれません。

 

しかし1回の取引で資金の10%、つまり10万円をリスクに晒すことになり、もし運悪く10回連続で負けが続けば、手持ちの資金はほとんどなくなってしまいます。

 

※2%ルールは元本(残りの余剰金)に対して常に2%で計算すること。元々の100万円の2%では無い。元本が増えればその分損失許容額は増えるし、元本が減ればその分損失許容額は減る。

 

10回連続負けた後に2倍になる通貨ペアをつかめたとしても、元々の100万円には到底追いつきません。

 

投資を長く続けていれば5回・10回連続で負けることも十分にあり得ます。

 

しかし10回連続で負けることはあっても、20・30回連続で負けることは適切なルールを決めて取引をしていれば、あまり起きません。

 

2%ルールは適切な運用をしていても負けが続く期間を耐える為にとても有効な方法です。

 

2%ルールを使うときは許容損失額と相談しよう

 

2%ルールを使えば安全だとわかっていても、「上限2%」を全てつかってしまうかどうかは自身のメンタルと相談しながら取引しましょう。

 

なぜなら「資産の2%」というのは、人によって違うからです。

 

10万円の資金の人は「10万円×2%=2000円」ですが、100万円のしきんのひとは「100万円×2%=2万円」だからです。

 

2万円というのはサラリーマンの方だと結構きつい金額かと思います。

 

仮に1度の取引で2万円失ったことを想像してみましょう。

 

もしも「2万円無くなったらお小遣いが無くなるから本気で取り返しにいきそう・・・」となるのであれば、15000円や10000円まで損失許容額を下げましょう。

 

投資の世界では”焦った人”から退場していきます。

 

「この取引は絶対に勝てる!」と根拠の無い取引をする前に「もし負けてもこれくらいなら許容できるな」くらいの金額に設定しておきましょう。

 

2%ルールは資金が増えるのが遅いと思われる方もいると思いますが、そうではありません。

 

なぜなら、2%ルールは損失を固定する資金管理法だからです。

 

利益の方は固定されないので、「リスクリワード」をうまく使って、損小利大の取引になるように心がけましょう。

 

参考記事:リスクリワードとは?取引を優位にする為の計算法

 

半分になったお金を取り戻すために必要な労力は?

 

一度失った資金を取り返すことがどれだけ難しいか考えたことがありますか?

 

ここで問題です!

 

今100万円の資金があります。そこから50万円(50%)失ってしまいました。

 

元の金額へ戻すためには、利回りはいくら必要だと思いますか?

 

↓↓↓正解は↓↓↓

 

半分(50%)無くしたのだから50%!!

 

いいえ不正解ですね。

 

答えは100%です!!

 

なぜなら50万円の資金から100万円に戻そうと思うと、50万円必要ですね。

 

となれば、元金が50万円なので100%の利回りを達成してはじめて50万円が戻ってきます。

 

つまり、100万円の元金から50万円を稼ぐには「50%」のエネルギーで済みますが、50万円の元金から50万円を稼ぐには「100%」のエネルギーが必要になってくることがわかりますね。

 

損失を取り返すことがいかに難しいか分かりやすいように表を見てみましょう

 

 

元本から30%くらいの損失であれば、まだ取り返せそうな気がしますね。

 

しかし、仮に元金の50%以上を溶かしてしまうと取り返すために100%以上の利回りをそこから出さなければなりません。こうなれば余程腕に自信のあるトレーダーでも骨が折れてしまいます。

 

こういった状況にならない為にも、「一回の損切でこれ以上の損失は出さない」という明確な金額を算出しておく必要があります。

 

そして決めた金額(%)を忠実に守ることで、数回の負けで資産の大半を失うという事態を避けることが出来ます。

 

資産を増やすことも大切ですがそれ以上に「減らさないことが投資ではとても重要だ」ということをお分かりいただけると思います。

 

まとめ

 

今回は2%ルールについて解説しました。

 

今回のまとめです

 

・2%ルールは取引ごとに「元金×2%」=で計算する

初期投資額100万円の場合 (〇50万円×2%=1万円,×50万円=2万円)

・計算をした後に「金額」を見て、自分のメンタルと相談する

・損失を取り返すには多量の労力と時間が必要になるので、出来るだけ資金を守る

 

FX取引に参入しているトレーダーの多くが使っている資金管理術ですので、是非取り入れてみてください。