FX 通貨単位1Lot 1枚 1万通貨とは?1pips当たりの金額を出すための計算方法

FX 通貨単位1Lot 1枚 1万通貨とは?1pips当たりの金額を出すための計算方法

 

FXで使用されている1Lot 1枚 1万通貨という言葉は何なのでしょうか?1pips当たりの金額のお話も含めて解説していきます。

 

■この記事を読むのはこんな方です

・1Lot 1枚 1万通貨が知りたい方

・1pips当たりの金額を知りたい方

・取引していくに当たり取引金額を知っておきたい方

 

 取引単位

証券会社の取引単位を知っておく

 

まず、国内FX証券会社では1万通貨、海外FX証券会社では10万通貨が多く採用されています。

今回は国内FXで多く採用されている1万通貨を基軸に解説していきます。

 

自分の使っている証券会社の取引単位(取引単位)を確認してみてください。

この記事では1万通貨を基軸で解説しますが、取引単位が1000通貨の場合は1/10、10万通貨の場合は×10をして計算をしてください。

 

取引単位とは、契約証券会社の取り扱っている取引における最小限必要な通貨単位のこと。

Googleなどで「DMM.com 取引単位」など検索すれば、出てきます。

 

 1Lot 1枚 1万通貨とは?

 

1Lot 1枚 1万通貨は基本的に同じ意味で使われます。

 

1Lot 1枚 1万通貨とはドル円(USD/JPY)の場合を例に考えると、1ドル110円の時の1通貨は110円になります。

1通貨とは通常の為替レートということになります。

 

ドル円では

1通貨→110円、10通貨→1100円、100通貨→11000円、1000通貨→110000円、10000通貨(1万通貨)→1100000円となります。

※1ドル=110円の場合

 

よって、1ドルいくらというのは為替の1単位のレートのことですので、1万通貨の取引をするということは、1100000円分のドルを使ってトレードすることを指します。

 

証券会社が1万通貨の場合、取引数量に”1”を入れて取引をすると1万通貨に対して”×1″の取引をするということになるので、1100000円分のドルを買う/売るということになります。

 

1pipsとは?

 

FXでは、よくpips(ピプス)と言われる言葉が使われます。

「なんとなくわかっているけど、厳密にはわからない」という方も多いのではないでしょうか。

 

pipsとは通貨単位のことで

1pipsとは

・ドル円・クロス円の通貨ペア

1pips=小数第2位

・クロス円以外の通貨ペア

1pips=小数第4位

 

が1pipsとなります。

※ドル円・クロス円→123.456の場合5の場所が1pips

クロス円→1.23456の場合5の場所が1pips

 

また、豆知識として

円の場合・1pips=1銭=0.01円

円以外の場合・1pips=0.01セント=0.0001ドル

となります。

 

 

損益計算

 実際に計算してみよう

 

それでは、実際に計算をしてみましょう。

 

1万通貨の場合の1pips当たりの金額を計算したいときは、

取引通貨単位÷現在の為替レートで計算することが出来ます。

 

ですので、1万通貨÷100円(現在の為替レート)=1pipsの値動きで100円の損益となります。

 

取引数量が1/10の1000通貨(取引数量0.1)の場合、1000÷100円(現在の為替レート)=1pipsの値動きで10円の損益となります。

 

これを使って、1pips当たりの計算ができたら、あとは自分の利益・損失目標までのpipsを先ほど出た答えに掛け算してあげると

いくらの利益・損失がそのトレードで出るのか計算することが出来ます。

 

例えば、利益目標20pips・損失目標10pipsの取引をするとすれば

1pips当たりの値動きで100円の場合

1pips当たり100円×利益目標20pips=2000円の利益

1pips当たり100円×損失目標10pips=1000円の損失

と計算することが出来ます。

 

1万通貨の場合、1pipsの変動で100円、10pipsの変動で1000円、100pips(1円)の変動で1万円の損益となります。

※1ドル100円の場合

 

 

適切な取引金額を決める

 

ここまでで恐らく1万通貨や1pips当たりの利益損失額の計算などの方法はわかったのではないでしょうか。

 

今回覚えた方法を使って、取引をする際にいくらの利益が出て、損失をする可能性があるのか事前に計算してトレードに臨むことでリスク管理にもなりますし、取引の質が向上します。

 

FXの基本中の基本の内容ですので、見えるところにメモやスクショなどで残しておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

■取引単位単位とは

・取引単位は証券会社によって違う

・取引単位がわかれば1pips当たりの利益・損失額が計算できる。